旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフ

2020年バレンタインチョコ戦利品2 オニバスコーヒーのコーヒーチョコ@モロゾフ

今年はね、

バレンタイン前に渡して、

バレンタイン前に食べきってますよ笑

 

まずは我が家の定番バレンタインチョコ、フォルクスワーゲン×モロゾフのコラボチョコのご紹介をしました。

2020年バレンタインチョコ戦利品1 ビートルガレージ@モロゾフ

www.coffeelab.work 

今回は戦利品2 オニバスコーヒー×モロゾフのコラボチョコレートですぞ。

コーヒーラボ オニバスビーンズ

f:id:mrespresso:20200208222255j:image

オニバスビーンズ(ケニア) 70g入 ¥864(税込)

ONIBUS BEANS

コーヒー豆とチョコレートの絶妙な相性にこだわったビーンズチョコレート 
ケニアのコーヒー豆に合う2種類のチョコレートでひと粒丸ごとコーティングしました。
スタイリッシュなデザイン缶は、アフターユースの楽しみも。
モロゾフオンラインより引用

モロゾフオンラインで販売されていて、ビートル買うついでに何か欲しくなってこちらをポチ。

正直に言いましょう、パケ買いですよ。

f:id:mrespresso:20200208223317j:image

(画像はモロゾフオンラインからお借りしました)

かわいいじゃない。

何も調べずに買ったら、なんと!

オニバスコーヒーとモロゾフのコラボでした。

ラッキー♪

 

オニバスコーヒーとは

2012年に世田谷の奥沢でスタートした、坂尾篤史氏がオーナーバリスタを勤めるコーヒーショップ。
“From Seed To Cup”をコンセプトに素材の透明性を大切にし、産地から焙煎方法、淹れ方までこだわるサードウェーブコーヒーのひとつです。

「ONIBUS」とはポルトガル語で”公共バス”の意味で、「万人の為に」という語源を持つこの言葉に、コーヒーで人と人を繋ぎたいという思いが込められているそうです。

 

COFFEE LABとは

こだわりのコーヒーを提供するオニバスコーヒーと、チョコレートにこだわって80年のモロゾフがコラボした『COOFFEE LAB / コーヒーラボ』
理想のコーヒー豆との出逢いが生み出すチョコレートの新しい魅力を提案いたします。

 

パッケージデザインは

ちなみに私の心をがっちり掴んだパッケージのデザインをしたのは、オニバスコーヒーをはじめ、さまざまなカフェやショップのサインを手がけ、幅広く活躍中の黒板アーティスト チョークボーイさんによるデザインです。

 

コーヒーペアリング

f:id:mrespresso:20200208222345p:image

チョコの紹介に“コーヒーとチョコレートの胸躍るペアリング”と書いてあったのだけど、そこに更にコーヒーをペアリング。

大阪のEMBANKMENT(エンバンクメント)のケニアをタイミングよくいただいていたので淹れてみる。

両方ともケニア産の豆を使った美味しいコーヒー×美味しいチョコは相乗効果でどちらもさらに美味しくなりました。

 

味の感想

味は3つありましたが ケニアを購入。他にグアテマラとルワンダがありました。

f:id:mrespresso:20200208222405j:image

チョココーティングがしっかりしているので 一粒一粒が結構大きめ。

良質のケニア産コーヒーを使っているのがわかる一品。こりゃうまい。

ちょっと失礼して、チョココーティングだけをかじって中のコーヒー豆をチェック。黒い方の豆は深煎り、明るい方の豆は若干浅煎りでした。

黒い方は深煎りブラックで飲むイメージ、明るい方はアフリカ系の酸味を活かしたカフェラテを作るイメージかな、と勝手に想像(エスプレッソ氏談)

 

まとめ

f:id:mrespresso:20200208223626j:image

コーヒー豆にチョココーティング〜、たまにポリポリしたくなるんですよね。

 

2020年オススメバレンタインチョコの記事を読んで「今年もビートルチョコ買うんだろうなぁ」と思っているエスプレッソ氏にサプライズとして買ったんですが 思いのほか 気に入ってくれたみたいです!

オニバス×モロゾフは2017年くらいからやっていたみたいだから 来年もやるんじゃないかな。

こちらもビートルと同じく毎年の定番にしたいと思います。

 

そして まだまだ買ってるから…続く