旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフ

俳優の坂口憲二さんが焙煎士になってザ・ライジングサン・コーヒーというカフェをオープンさせた

どーもー、今年、焙煎に力をいれているエスプレッソ氏が『東京コーヒーロースターズ』という焙煎の本を読んでいたところ、俳優の坂口憲二さんが焙煎士になったというのを見つけて本を貸してくれました〜。

f:id:mrespresso:20191027230718j:image

ふむふむ、なんだか興味深いね。

でも 場所は非公開だし ブログに書いたりしない方がいいのかな?と思っていたらハフポストのインタビュー受けてるし!いいんかい!

という事で 紹介しまーす。

ザ・ライジングサン・コーヒー

2018年夏に焙煎所を開設

焙煎の拠点は坂口さんが愛するサーフィンの聖地、千葉県・九十九里。ブランド名の『The Rising Sun Coffee』は九十九里浜の朝日(御来光)をイメージしたという。

2019年春に東京都内に初店舗をオープン

「コーヒー&サーフィン」をコンセプトに、コーヒー豆のほか、Tシャツやマグカップなどのグッズも販売、オンラインショップも展開。地域密着型のため、住所は非公表。

 

最初はコーヒーのセミナーでハンドドリップやカッピングを勉強して、さらに追求したくなり、焙煎技術はバリスタ・ロースター(焙煎士)のプライベートレッスンを受けて学んだそうです。本格的に焙煎をやりはじめて5年。

しっかりとこだわりを持って焙煎されていて、流行りだからと浅煎りにするのではなく 自分好みの深煎りにするなど コンセプトがしっかりしている。

感想

「一番最初に作った『アフターサーフ』という銘柄は、『海上がりに飲むコーヒー』をテーマにしています。海上がりのしょっぱい口でどういうコーヒーを飲みたいかなと考えた時に、苦味がありつつ、甘くてコクがあるコーヒーがいいなと思って。苦味を強く出せる深煎りのコーヒーにしています。コーヒービジネスは激戦区で、大手が強い。そこに食い込んでいくためにはブランド独自のスタイルが必要で、自分はサーフィンが好きだから、それを武器にするしかないと思ったんです」

ハフポストより引用

サーフィンはした事がありませんが海とコーヒーがあうのはわかる。海+コーヒー、もしくは海+犬だよね。

冬の海辺で冷えた体に ポットから注がれるコーヒーがしみるんだよな。いつもカフェラテ派の私でも 海辺ではブラックが飲みたくなるな。

いつかサーフィンをはじめて、あがった後に坂口さんの『アフターサーフブレンド』を飲んでみたい。

www.huffingtonpost.jp