旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフ

会員制カフェアルファベータコーヒークラブ@自由が丘

趣味も仕事もコーヒーな生活をしております、ミスターエスプレッソです。

先日 会社の懇親会で自由が丘へ。

以前から駅近くのチェックしていたカフェがあったので、仕事を早めに切り上げて懇親会の前に同僚と2人で訪れたのは…

ALFA BETA COFFEE CLUB アルファ・ベータ・コーヒー・クラブ

f:id:mrespresso:20190226182003j:image

東急東横線「自由が丘駅」より徒歩3分ほど

1階と地下1階にアメリカ発のハンバーガーチェーン「カールスジュニア」があるビルの3階となる。

f:id:mrespresso:20190310235120j:image

ここ数年で耳目に触れる事が増えてきた「サブスクリプション型サービス」という言葉。いわゆる定額制サービスだが、こちらのお店は毎月9000円で会員となることでスペシャルティコーヒーの飲み放題やコミュニティイベントに無料で参加できる権利を得る事が出来る。

ビジターの利用も可で、フラッと初めて訪れても普通にカフェ利用ができる。僕も会員ではない。

母体はコーヒー豆の会員制通販を2014年から始めたABCコーヒー。創業者はグーグルでマーケティング責任者だった大塚ケヴィンさん。初の実店舗となる。

お店の雰囲気

f:id:mrespresso:20190311000045j:image

白を基調とした洗練された内装。什器や商品も統一感があり美しい。

f:id:mrespresso:20190310235201j:image

エスプレッソマシンはアメリカ製のスレイヤー、グラインダーはスイスのディッティング社のもの。

f:id:mrespresso:20190310235458j:image

時計も白基調。「It is five to six」なので6時5分前。おしゃれだけど一応自分の時計も確認してしまう笑


f:id:mrespresso:20190310232857j:image

f:id:mrespresso:20190310232901j:image

物販品も白基調多し。差し色っぽく黒い商材も。

コーヒーだけでなくクラフトビールなどのアルコール類やジュースも置いている。店内ではクラフトビールも数種類提供している。

総席数は25席。長テーブルと2人掛けテーブル(片側はロングシート)席、ベンチっぽい席、そしてテラス席に分かれている。

当日訪れた時の客層は女子大生数人グループとPC作業をしている男性数人、外国人男性1人といったところ。

本日のオーダーメモ

f:id:mrespresso:20190311090118j:image

コーヒーは国内で提携しているスペシャルティコーヒーのロースターのもの。月替わりで色々な有名店の味を楽しめる。

写真左上から

  • コーヒーバレー(池袋)
  • コーヒーライツ(三軒茶屋)
  • グリッチ  コーヒー&ロースターズ(神保町)

写真左下から

  • アルファベータコーヒークラブ(ローストしてる?確認するの忘れました)
  • フグレンコーヒーロースターズ(渋谷)

この日はコーヒーバレーアルファベータのコーヒーを注文、抽出はハンドドリップで。

f:id:mrespresso:20190310224455j:image

コーヒーバレー

RWANDA KILIMBI WS (ルワンダ キリンビ  ウォッシングステーション) ¥500

サクランボっぽい果実感と紅茶のようなフレーバーも。ボディもあるが、スッキリと飲める。甘さの余韻も長い。

アルファベータコーヒークラブ

COLOMBIA LA ESPERANZA (コロンビア エスペランサ農園) ¥500

美味しかった!味切れの長い上質な酸味と甘み!フローラルで味の濃いオレンジの様なフレーバー。キャラメルみたいなコクもあり飲み応えありました。これ好き。

まとめ

お店の作りから商品に至るまで非常に洗練されているが、提供するスタッフは人間味ある方たちであった。当日はオーナーのケヴィンさんもいて、少しコーヒー話ができた。コーヒー愛を感じるいい方だった。

会員になるかどうかは別として、時々フラッと訪れたい愛すべきお店であった。

 

店舗情報

アルファベータコーヒークラブ

東京都目黒区自由が丘2-10-4 ミルシェ自由が丘 3F