旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフとその他モロモロ

カカオからチョコレートづくりに挑戦!ダリケーのキットを使ってみた感想

先日、セブンイレブンでダリケーのチョコを購入しましたが、実は随分前にDari K(ダリケー)の『カカオから手作りチョコレートキット』を購入してました。

バレンタインまでに作ろう!なんて思っていたら、あっという間にバレンタイン〜。あわてて作り始めたのは休日の午後。

さぁ、上手く出来たかな?

今回は作った感想などなどご紹介します。

Dari K カカオ豆から手作りチョコレートキット

f:id:mrespresso:20210212212432j:image

価格:2,200円(税込)

チョコレートを原料から作る本物体験

京都のDari Kが契約農家から買い取ったカカオ豆とチョコレートのことがわかるブックレット付です。

f:id:mrespresso:20210212212421j:image

セット内容:生カカオ豆80g、モールド1個、ブックレット1冊

インドネシア・スラウェシ島のシングルオリジンの生カカオ豆が入っています。ローストして、すりつぶして、というBean to Barの体験ができるキット。 チョコレートの歴史や豆知識、チョコレートができるまでの過程を小学生低学年のお子さまでもわかるように解説したブックレット付き。 チョコレート作りの体験に留まらず、チョコレートの原料であるカカオにまつわる「学び」を提供します。大人の方にとっても読み応えのある内容です。

ダリケーホームページより引用

【用意するもの】

  • キット1箱
  • フライパン
  • へら
  • すりこぎ
  • すり鉢
  • スプーン
  • 砂糖30g

【ご注意】
冷やす前までで所要時間3時間以上かかりますのでご注意ください。

【作り方】

1. カカオ豆を洗って水分をふき取る

f:id:mrespresso:20210212212821j:image

結構水が汚れました。何度も水を変え、擦り合わせながら洗います。

2. フライパンで豆を焙煎する

f:id:mrespresso:20210212213848j:image

ブックレットには10-20分とありましたが、今回は約15分くらいでパチパチとはじける音がしていい感じになりました。

3. 皮をむく

f:id:mrespresso:20210212213857j:image

この作業は5歳児にも出来ました。ピーナツの薄皮のような感じから、甘栗むいちゃいましたのような感じまで様々。グッと押して殻を剥くとむきやすかったです(たまに押しすぎて粉々になっちゃいましたけど)

4. すり鉢で粉状になるまで細かく砕く

f:id:mrespresso:20210212212902j:image

ブックレットに“すごく時間要します”と書いてあり、実際その通りでした。ブックレットには書いてありませんでしたが、ホームページには「フードプロセッサーで細かくするところまでは代用できます」と書かれていました。

ただ、最終的には「湯煎にかけて熱を加えながらカカオバターが溶け出すまで磨砕」しないといけないので、すり鉢とすりこぎはマストです。

そしてその作業が1番大変です。

5. お鍋にすり鉢の高さの半分くらいの水をいれ、湯せんしつつすりこぎでさらにつぶしながら混ぜます。

f:id:mrespresso:20210212212913j:image

お湯がはいらないように注意しながらやります。すり鉢が熱くなったので左手には手袋をはめて作業しました。

6. なめらかになったら砂糖をいれて湯せんしながら砂糖をとかします。

滑らかに…なったかな?とここまでで3時間くらいかかっています。夫婦で交代しながら。息子はすでに離脱。ゴジラの映画を観ていました。なぜゴジラ?5歳児の興味は尽きません笑

7. さらにツヤが出るまで混ぜます。この作業も大変でした。同率1位の大変さです。

なかなか艶が出ません。叩いたりしながらがんばって、なんとなくツヤっぽくなったかな?なったよね?と合格を出してシリコン型に入れました。

f:id:mrespresso:20210212212954j:image

8. 冷蔵庫で2〜3時間冷やして…

f:id:mrespresso:20210212213021j:image

固まったら完成です。

 

感想

出来上がった時は、大袈裟じゃなく感動しました。

(途中で翌日に持ち越そうかと諦めかけた😅)

チョコレートって(機械作業もあるとは思うけど)こんなに手間暇かかるんだと思い、普段何気なく食べている 滑らかな口当たりのチョコレート及びショコラティエに感謝しました笑。

f:id:mrespresso:20210212213012j:image

食べた感想ですが、やっぱりちょっとザラっとしました。4〜7の作業が足りなかったのかなぁ。

味はフローラル、フルーティーでちょっとワイニー。濃厚でハイカカオな印象だけど甘い。そして、粗い分 なんだかスッキリした後味でした。不思議〜。

そういえばMinimalのチョコレートも粗挽きの食感で香りの広がりがすごいあってスッキリとした後味だったなぁ。もちろんこちらは意図があってですが笑 

本来は磨砕→コンチング→テンパリングと続き成形に至る訳ですが、なんせ初心者キットですからね。充分です!そして食感も含めてしっかり美味しいのが嬉しい!

f:id:mrespresso:20210212214245j:image

また作りたいかと言ったら、私は「食べる専門で!」と言いますが、エスプレッソ氏は「またやりたい」と言っていました。産地やモロモロ、コーヒーと共通点が多いチョコレートにハマってしまいそうな予感。

 

そうそう、注意事項にもありますが、冷蔵庫に入れるまでに3時間以上はかかりますので、午前中からの作業をおすすめします。

そして、チョコレート作りの翌日、右腕のみならず 左腕も筋肉痛になりましたので、湿布の買い置きも併せておすすめします笑

でも、とても楽しい経験でしたよ♪

興味のある方は是非どうぞ。


画像はアマゾンよりお借りしました
アマゾンで購入 ▶ カカオ豆から手作りチョコレート・キット

dari-k.shop-pro.jp