旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフとその他モロモロ

メゾンジブレーの商品はホワイトデーや手土産におすすめ

ホワイトデーのお返しを自分で選び、すでに堪能してしまったので、すっかり忘れていた3月14日のホワイトデー。

そしてパイの日(なぜパイの日なのかはぜひブログで確認してください)。

去年はパイについて調べて、あんなにπに拘っていたのに…私は何て薄情な女なのでしょう。ごめんね、パイ。あるよ、家にはあるよ、不二家のホームパイ(イースターバージョン)、食べてるからね。。。

そんな3月14日、我が家のメンズが前日に「明日はちょっと出かけてくるからゆっくりしてて」と言い、宣言通り朝早くから出かけて行きました。

そして昼に帰って来たメンズ。

「お母さん、ホワイトデーのおかえし♪」

ジブレー ハート缶

フィグ ルビーチョコ&トランシュ オランジュ

f:id:mrespresso:20210314215121j:image

フィグ ルビーチョコ

f:id:mrespresso:20210314215015j:image

いちぢくのコンフィ(ドライフルーツ)を旬のルビーチョコレートでコーティングし、木苺のパウダーで飾りつけてます。

フィグはいちぢくの事。

イチヂクはドライでしか食べた記憶がないのですが、ドライイチヂクって最高だよね。

ルビーチョコは目立ちすぎず、あくまで主役はドライイチヂクでした。美味しい!

シャンパンと一緒に楽しんでも良さげ♪(飲めないので想像ですが笑)

 

トランシュオランジュ

f:id:mrespresso:20210314215032j:image

愛媛県産ブラッドオレンジの自家製のコンフィ(砂糖漬け)をパッションフルーツのチョコレートでコーティング。

シェフよりひとこと
フレッシュなブラッドオレンジからコンフィに加工しているので、とてもフルーティーで、鮮度の高いオランジェットになっています。

砂糖漬けといったらやっぱりオレンジですよね。

オレンジの輪切りってどうしてこんなに魅力的なんだろう?

チョコ×オレンジ、何度も言うけど間違いない組み合わせなんですが、よく見るブラックチョコレートじゃない所がポイント。

パッションフルーツチョコの酸味のおかげで、甘味が引き立ちよりフルーティーで上品な甘さになってました。

砂糖漬けも想像以上にジューシーで、大人のグミキャンディって感じで美味しいです♪

 

メゾンジブレー

オーナーシェフ:江森 宏之

パティスリー「ベルグの4月」、アイスクリームケーキ専門店「グラッシェル」でシェフパティシエを務め、2015年のミラノ万博で開かれたアイスクリームとチョコレートのワールドカップでは日本代表チームキャプテンとして優勝しました。

本店

〒242-0007 神奈川県大和市中央林間4-27-18

グランベリーパーク店

〒194-0004 東京都町田市鶴間3-3-1
グランベリーパークステーションコート 1階 B104

 

まとめ

ほんとに、帰ってきて「ホワイトデーのお返し」と言われるまですっかり忘れていたのでちょっとびっくりでした〜。

f:id:mrespresso:20210314215107j:image

メゾンジブレーは焼き菓子も人気があり、その中でもティグレというのがここの売りのよう。

最近もスペインの雑誌にティグレが載ったようで、結構売れていたそうです。次はこっちも食べてみたいっ。

f:id:mrespresso:20210314215003j:image

しかし、缶マニアの私にとってハート缶のポイントはかなり高い!

苺とハートのイラストで大きいハートが作られていてとにかくキュート。缶の質感もマットでいい感じ。缶マニアにはたまらない一品でございます。

空になった缶に何入れよっかなぁ?

 

▼ 秋にはジブレーのモンブランを堪能してました