旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフとその他モロモロ

久世福商店で博多 石村萬盛堂のコーヒーマシュマロとストロベリーチョコマシュマロを購入

久々に久世福商店でお買い物。

テレビで紹介されていたアレとかソレとか買ってお会計しようと思ったら…

ん?コーヒー?!

“コーヒー”と名がつくものはとりあえず買おう!というエスプレッソ氏(夫)の助言によりカゴの中へ追加されるマシュマロたち。

博多 石村萬盛堂

博多で100年以上愛され続ける銘菓『鶴乃子(つるのこ)』でおなじみの石村萬盛堂。

鶴乃子は優しいふんわり食感のマシュマロで黄味あんを包んだ和洋折衷のお菓子です。

マシュマロと言えばホワイトデーですが、ホワイトデーの起源は昭和52年に石村萬盛堂の考えついた「マシュマロデー」に由来しているんですって!

そんな石村萬盛堂さんの レトロな雰囲気のパッケージに惹かれて購入。

f:id:mrespresso:20210406221905j:image

コーヒー、ストロベリーの他にチョコレート味もありました。

 

石村萬盛堂 コーヒーマシュマロ

f:id:mrespresso:20210406221318j:image

ふんわりやわらかな生地でほろ苦いコーヒークリームを包んだマシュマロ。

f:id:mrespresso:20210406221539j:image

 

 

石村萬盛堂 ストロベリーチョコマシュマロ

f:id:mrespresso:20210406221329j:image

苺のフリーズドライを練りこんだふんわりやわらかな生地で、チョコクリームを包んだ苺のマシュマロ。

f:id:mrespresso:20210406221552j:image

 

 

実食&レビュー

ふわふわ〜で、もちもち〜。

f:id:mrespresso:20210406221629j:image

袋から出すとパッとみ、福岡土産の定番『通りもん』のようです。マシュマロ君、外装にタイトに包まれているので少し取りづらさはありました。

フライパン型のお皿に出したら ぐりとぐらのカステラみたいになってかわいくなった♪

f:id:mrespresso:20210406221642j:image

コーヒーの香りは程よくしっかり。苦味がなく良い香り。

甘さはコーヒーキャンディーのような感じ。

 

ストロベリーも爽やか〜な香り。

f:id:mrespresso:20210406221707j:image
ほんのりピンク。

f:id:mrespresso:20210406221719j:image

練りこまれたフリーズドライの酸味も程よくて、全体的に行きすぎてなくてよい。

一瞬 苺の酸味が梅っぽくも感じて和菓子のよう。

 

どちらも品がいいマシュマロ、大人のマシュマロって感じ。

 

まとめ

和菓子のようなマシュマロでした。

f:id:mrespresso:20210406221840j:image

なんとなく、懐かしいような気分になったんですけど、小さい頃 おばあちゃんち(福岡)で鶴乃子食べてたのかな?

個包装されているので、お土産にも便利です。