旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフ

今更ですがローソンのバスチーを体験 第4のチーズケーキになるのか?

しまった!

下書きがいっぱい過ぎで見逃していたけど、ローソンのバスチーの記事も書いていたぞ。

いやぁ、コーヒーやカフェだけじゃなく お菓子やスイーツの事も含めてブログやってるとネタが溜まりますね。さらにテレビや雑誌でしょ?ひぃ〜〜、下書き飽和状態です。

10/29放送の『マツコの知らない世界』で【新感覚!超濃厚チーズケーキの世界】を紹介していたのだけれど、行きたかったコーヒー屋さん(のチーズケーキ)が出てたりして なんか運命感じた今日この頃。

フォークダイブとチーズダイブ、面白かったですね笑

そうそう、もれなくバスクチーズケーキの事も言っていて、今更ながらローソンのバスチーが試したくなってしまった。

だーけーどー。

放送の次の日、近所のローソンにはすでにバスチーは残っていませんでした。さすがマツコパワー、残ネーーン。

ということで エスプレッソ氏が会社の近くから自宅最寄り駅までのローソンを片っ端から寄って どうにか2つ手に入れてくれました。

バスクチーズケーキ

スペイン・バスク地方で生まれた第4のチーズケーキといわれる。

真っ黒い表面が印象的なこのチーズケーキは、あえて長時間オーブンに入れて表面を焦がしてつくる ほろ苦さとチーズの濃厚さが特徴的なケーキです。

バスク風チーズケーキは昨年夏頃から日本でも専門店が出始めていました。

 

ローソン バスク風チーズケーキ バスチー

「バスチー」は発売から3日間で100万個を販売し、5日間で100万個を販売した「プレミアムロールケーキ」(150円)の記録を塗り替えたという モンスター級のコンビニスイーツです。今年3月26日発売以来、現在まで約2600万個売り上げているそうです。

ローソンのバスチーは“レアでもベイクドでもない、チーズケーキ。”が売り文句。

 

いざ実食

f:id:mrespresso:20191102232907j:image

山崎製パン製 バスチー

写真左

上の焼き目が濃い

下のキャラメルが少なめ

フォークの入りが柔らかい

 

コスモフーズ製 バスチー

写真右

上の焼き目が薄い

下のキャラメルが多い

フォークがしっかり入る、ねっとり感

 

まとめ

生産が追いつかないとかで製造者が山崎製パンとコスモフーズの二ヶ所になっていました。

見た目も焦げなど違っていましたが 基本は同じとのこと。

ただ、原材料名がナチュラルチーズとクリームチーズの違いや(これは単に表記の問題かな?)原材料の表記順が違うってことは使用量は違うよね?その辺りが 焦げや柔らかさの違いになったのだろうか?まぁ、これは、同時に食べ比べをしたから気づいた点であって、1個買って食べてたら気づかないとも思う。個体差?くらいかな。

ベイクドチーズケーキの柔らかい版って感じでトータルは美味しかった。チーズケーキの中ではベイクドチーズケーキが一番好きなのでまた買ってしまうかもしれない。

 

はたして第4のチーズケーキとして定着するのか⁈