旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフとその他モロモロ

ウチカフェスペシャリテ ティラミス&ショコラテリーヌ【12/25新作】

ウチカフェスペシャリテに新作が登場!

しかも!ティラミス!!

ここに来て ティラミスがどんどん出てますねぇ。

ということでローソンスイーツをどうぞ。

Uchi Café Spécialité 雪めくティラミス

f:id:mrespresso:20201229154823j:image

価格:270円(税込)
発売日:2020年12月25日(金)

クリームとマスカルポーネを合わせたとろりとした食感が特長のティラミスクリームに、深煎りコーヒーのシロップ漬けビスキュイを乗せ、メレンゲを合わせたふんわりとした柔らかさが特長のマスカルポーネホイップを重ねたティラミスです。上の層と下の層で異なる食感のクリームをお楽しみいただけます。

ローソンホームページより引用

f:id:mrespresso:20201229155248j:image
ふんわりソフトなマスカルポーネホイップを重ねた、ぱっとみティラミスっぽくないキュートなカップスイーツ。

f:id:mrespresso:20201229155259j:image

まずは上からいきます。

上のクリームは鼻からマスカルポーネの香りが抜けて、意外とさっぱり系。

中段のシロップ漬けのビスキュイは、深煎りコーヒー使用のビターな大人味。

1番下は生クリームとマスカルポーネを合わせたとろりとした食感。濃厚というよりはさっぱりかな。

f:id:mrespresso:20201229155344j:image

食べ進めると、上の層と下の層で食感の違うクリームを楽しめます。

 

Uchi Café Spécialité 雪溶けショコラテリーヌ

f:id:mrespresso:20201229154859j:image

価格:270円(税込)
発売日:2020年12月25日(金)

カカオ分が異なる3種類のチョコレートと生クリームを合わせてカカオ感広がる味わいに仕立てたショコラテリーヌです。低温で湯煎焼きすることで、テリーヌ内の水分を逃がさず、しっとりとしたなめらかな食感に仕上げました。

ローソンホームページより引用

テリーヌ(フランス語 terrine)とは本来、陶器製や琺瑯引きの鋳鉄製の容器のことで(現在ではステンレス製などもあり)、長方形の形をした型のことをテリーヌ型と呼ぶのが一般的です。

これを使った料理もテリーヌと呼ばれる。正式には容器のまま供したものだけがテリーヌ、より正確にはテリーヌ・ド・パテ(terrine de pâté)であり、型から出すとただのパテとなる。

Wikipediaより引用

f:id:mrespresso:20201229154919j:image

適度にビターなチョコレート、結構ハイカカオ風。

だけどマイルドなビターさで、すっきり食べられる。

滑らかな食感食べやすいんだけど、最後の方に物足りなくなって何かサクサクした食感とあわせてもいいのかなと思ったり。

たとえばUchi Café×GODIVA ショコラケーキのような感じにね。

冷蔵庫から出してすぐ食べてたらそんなに“雪溶け”感がなかったけど、わちゃわちゃしながら時間が経って室温に戻ったあたりで食べたら 口の中でじんわり溶ける感じが「あぁ〜なるほど雪溶けね」って感じでした。シュワっと溶けるわけではないので個々の“雪溶け”のイメージにもよるかな。

 

まとめ

雲泡クリームのいちごショートで最後かと油断してました。ここに来てのティラミス。

以前、ティラミスについてまとめた事ありましたけど、ティラミスの時期って今なのかな?

テリーヌも美味しゅうございました。

ゴディバとスイーツを開発しているローソンは チョコのクオリティもグイグイあがってますね。

 

ウチカフェスペシャリテ絶品です♪