旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフ

丸山珈琲 エキュートエディション渋谷店で購入したコーヒーバッグはこれだ

趣味も仕事もコーヒーな生活をしておりますミスターエスプレッソです。

渋谷スクランブルスクエア 略して渋スク、情報番組でもたくさん特されてましたね。

同僚も結構行ってました。みんなもちろん丸山珈琲のコーヒーバッグを試しにね。

丸山珈琲 ティーバッグ型コーヒーバッグ

全16種類

ラインナップ

ブレンド4種類

  • 丸山珈琲のブレンド
  • 季節のスペシャルブレンド
  • トーキョーブレンド
  • ディカフェブレンド

シングルオリジン12種類

  • カップオブエクセレンス1〜3
  • ディカフェ
  • ゲイシャ
  • アフリカ
  • フローラル
  • シトラス
  • ベリー
  • ハーモニー
  • ナッツ
  • 渋谷限定

f:id:mrespresso:20191104231811j:image

単品で選べるのがこの5種類でしたので各1で選んでボックスに入れてもらいました。

他の種類はボックスに入っていたので組み合わせられないのかな?聞けばよかったな😅

f:id:mrespresso:20191106220852j:image

 

ギフトボックス

小窓から内装が見えます。入れる順番も確認されました。いちばん前はもちろんゲイシャを!

ギフトボックスは5個入り、10個入り、20個入りとあります。

 

購入品

ゲイシャ

f:id:mrespresso:20191106220932p:image

マリサベル・カバジェロ ゲイシャ ハニー

ゲイシャ種はもともとエチオピアの野生品種で、まるで花や香水のようで豊かな香りが特徴。世界的に注目度が高く、流通量が少ない希少品種です。

パイナップル、ピーチ、ハチミツの風味とカモミールの香り。シロップの様な質感。

 

ナッツ

f:id:mrespresso:20191106220947p:image

マルコ・フィデル

ナッツのような味わいのあるシングルオリジンコーヒーを季節ごとにご紹介します。

ビターキャラメル、ダークチェリーの風味。滑らかな口当たり。

 

渋谷リミテッド

f:id:mrespresso:20191106221004p:image

アル・アブラ

エキュートエディション渋谷店限定販売のコーヒー。数量限定の特別な味わいです。

プラム、ブラウンシュガー、ミルクチョコレートの様な風味。クリーミーな質感。スパイシーな味わい。

味の感想

久世福商店のとうふドーナツとあわせて飲んでみたよ♪

シトラス

f:id:mrespresso:20191106221031p:image

50lbs ECP フランシスコ・メナ H3 レッドハニー 

柑橘系のフルーツのような爽やかな味わいを持つシングルオリジンコーヒーを季節ごとにご紹介します。

アップル、カシューナッツの風味。丸みのある口当たり。

※ 50lbs ECP はコスタリカの生豆輸出業者エクスクルーシブコーヒーによる最高品質を追求するプロジェクトの事で、50パウンズ(約22.6kg)という少量で管理・取引され、日本での独占販売権を丸山珈琲が取得している。

味の感想

お湯をかける前の不織布から感じた香りはレモン系の柑橘やリンゴっぽいキリッとした酸と甘ーい香り。

お湯を入れて飲み待ちの時間に感じた香りはリンゴやはちみつ。

ティーバッグはスッキリ目に抽出される印象だったので、推奨より1分ちょい多めに湯に浸した後に飲みました。

ゴクッと飲んだ後に喉から鼻に戻って抜ける香りはシトラス、リンゴ、ナッツ、ブラウンシュガー。甘い余韻も素敵でした。おいしかった!

 

東京ブレンド

f:id:mrespresso:20191106221050p:image

さまざまな人が、さまざまな目的で訪れる都市「東京」。新しいものから、伝統的なものまで、時代とともに変化し続ける東京をイメージしたブレンドです。

黒糖のような風味。厚みのある口当たり。

味の感想

万叶のどら焼きとあわせて飲んでみたよ♪

www.coffeelab.work

 

淹れてみた

気軽に一杯、最高のコーヒーを。

f:id:mrespresso:20191111233409p:image

f:id:mrespresso:20191111233441j:image

手順

  1. 沸騰したお湯をバッグ全体が湿るよう少量そそぎ、30秒ほど蒸らす
  2. 熱湯を注ぎコーヒーバッグをお湯につけたまま4分待つ。湯量の目安は総量160-180ml、深煎りの場合はここで3回ほど縦に振る。
  3. 時間になったら10回バッグを縦に振りカップから取り出す。濃いめの味わい、コクのある味わいが好みの人は振る回数を増やして調節。

 

まとめ

東京ブレンド以外はシングルオリジンです。

《簡単にいれる》がコンセプトだけど、普通のドリップバッグの方がセットから抽出まで時間はかからない。そして普通のドリップバッグはその形状からお湯が連続的に抽出される為、固形分の抽出量もティーバッグタイプより多め。

でも丸山珈琲のティーバッグタイプのコーヒーバッグは、まずはコーヒー自体がハイレベル。原料のポテンシャルが高いので外装を開けた時点で先ず香りが違うわけです。

なので多少薄めに出たとしても美味しさは十分に味わえます。袋の振り方で濃さの調節って意外に難しいので少し長めの5分〜5分半くらいお湯に浸して袋を振ることを個人的にオススメします。出来たら4分と5分半で同じオリジンを味比べしてみたかったけど、1袋数百円なのでね😅

デザインも素敵なのでお土産にもなるし、今後もたまに寄って色々試してみたいなぁ。

まだ飲んでない分は週末の楽しみとしてストックしてます。なんのスイーツと合わせよかな。