旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフとその他モロモロ

丸山珈琲のゲイシャとメゾンドゥースのレモンケーキはいいペアリングでしたとさ

そうそう、

年末に(今更年末の話かい!) メゾンドゥースでガレット・デ・ロワを注文するついでに美味しそうな焼き菓子を購入してました。

ガレットデロワはすぐ食べられないでしょ。
でもケーキ屋来たら何かすぐ食べたい気分になるよね~。
ということでシュークリームでも買おうと思ってましたが なかったので“多摩”と名がついてるこちらに決定。

メゾンドゥース 多摩檸檬

(瀬戸内レモン使用)

f:id:mrespresso:20200130104323p:image

ケーキ部分にバターがしっかりと感じられるしっとりした生地で、レモンアイシングのコーティングもさわやかでちょうどいい。

レモンケーキってよくあるけど たまに食べたくなりますね。

ちなみに、商品名は多摩檸檬ですけど 使用しているのは瀬戸内レモンです。

 

瀬戸内レモンと言えばコージーコーナーで5月11日から『レモンブラン(瀬戸内レモン)』が販売されます。

すがすがしい香りとまろやかな酸味が特徴の「瀬戸内レモン」を使用したレモンクリームとレモンあんのモンブラン。レモンの爽やかな香りと甘酸っぱい風味が口いっぱいに広がる、この時期にぴったりなスイーツです。

価格 ¥453(税込)

コージーコーナーホームページより引用

見た目も爽やかだし、試してみたい一品。

その他『瀬戸内レモンのパイ』も販売されています。

パイ生地の上にチーズレモンカスタードを重ね、さっぱりとした味わいのレモンクリームで仕上げました。

価格 ¥432(税込)

コージーコーナーホームページより引用

モスバーガーでは、『瀬戸内産ネーブル&レモンジンジャーエール』が期間限定で販売されてます。

あ、この時の“瀬戸内産”はネーブルとレモン両方にかかっているという認識でいいのかな?ちょっと曖昧ですみません。

瀬戸内産ネーブルオレンジとレモンを使ったシロップを、ジンジャーエールで割った炭酸ドリンクです。ネーブルオレンジとレモンは、果汁だけではなく、果肉と果皮も使い、さわやかな酸味が楽しめるように仕上げています。また国産の温州みかんのさのう(粒)を入れ、つぶつぶとした食感や鮮やかな彩りもプラスしました。

(ネーブル果汁0.4%、レモン果汁0.2%使用)

モスバーガー ホームページより引用

レモンの栽培周期は、5月に花が咲き 6月頃から実がなり始め、10月頃から爽やかな香りと味わいが特徴のグリーンレモンの収穫が始まり、年末頃から翌年の4月頃まで通常のイエローレモンの収穫が続くそうです。

レモンと言えば(どんだけレモンの話!これで最後だからっ) 資生堂パーラーのキューブ型チーズケーキがレモン味です。オンラインでは5月12日から発売。

相変わらず パッケージがステキなんです。

夏のチーズケーキ(レモン) 6個入
価格 ¥1,998(税込)

北海道産の小麦粉を使ったビスキュイ生地にレモンピール、デンマーク産の濃厚なクリームチーズにはレモンペーストを加え、レモンの風味豊かで濃厚なチーズケーキに仕上げました。

資生堂パーラーホームページより引用

 

丸山珈琲 カルロス・イトゥラルデ ゲイシャ (ボリビア)

f:id:mrespresso:20200130104338j:image

「カルロス・イトゥラルデ ゲイシャ」はイトゥラルデ親子が運営するボリビア・アグロ・タケシ農園で栽培されています。

華やかな香り!

ローズやジャスミンなどの花っぽい感じもありつつ レモンっぽい爽やかさもあり。

ジューシーでみずみずしいフレーバー。

 

ペアリングの感想

f:id:mrespresso:20200130104350p:image

バターのリッチな味わいにはやはりコーヒーがあいますね。

レモンコーティングとコーヒーの爽やかさもいいマッチング。

 

まとめ

冷凍庫の整理も兼ねて(コーヒー豆だらけなので😅)年末にどんどん飲んでました。

コーヒーとスイーツはテキトー選びましたが 偶然にもレモン繋がりで いいペアリングでした。

そーゆー 小さなリンクを見つけると楽しいですよね♪

パティスリー メゾンドゥース

f:id:mrespresso:20200130104417p:image

住所

〒192-0364 東京都八王子市南大沢 2-206-9

駐車場

店舗の前2台と道路挟んだ反対側にもあります。

お店のフェイスブックには道路の反対側の駐車場情報がなくて路駐の方が多いので

f:id:mrespresso:20200130104658p:image

こちらをチェックしてなるべく路駐は避けましょう。