旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフとその他モロモロ

森彦監修の缶コーヒーをイトーヨーカドーで発見!

札幌の人気カフェ「森彦」監修のボトル缶コーヒー「森彦の珈琲」を発見。

約3年前から北海道内のキヨスク限定で販売されていたようですが、この度神奈川県内のイトーヨーカドーで遭遇しました〜。

(もしかしたら北海道展に関係してるのかな?)

「森彦の珈琲」ブラック

f:id:mrespresso:20210408135659j:image
容量:270g

f:id:mrespresso:20210408135755j:image
原材料はシンプルに「コーヒー」のみ。

原料となる豆はエチオピア産のアラビカ種100%、水は北海道ニセコ山系の天然水、香料無添加。

f:id:mrespresso:20210408135810j:image

森彦に限らずですが、北海道のコーヒーは結構濃い目に感じてたんですが、このブラックは意外にスッキリ。深煎りのフルーティーさもあります。

後口にローストの苦味が少し残りますがあまり気になりません。

直火焙煎した深煎り豆で、コクの深さと華やかでスッキリとした味わいを両立したそうです。

 

「森彦の珈琲」カフェオレ

f:id:mrespresso:20210408135713j:image
容量:260g

f:id:mrespresso:20210408135735j:image
メインのコーヒーは同じくエチオピア産のアラビカ種100%、水は北海道ニセコ山系の天然水。

そしてカフェオレに使われる生乳も北海道産原料を使用。こちらも香料不使用です。

f:id:mrespresso:20210408135726j:image

甘さはあるものの甘すぎず、軽い飲み口。

微糖の部類かな。お店で飲むカフェオレっぽさもあり本格派です。美味しい〜。

 

森彦 ハウスブレンド やさしい風味

北野エースで購入した森彦のドリップバッグコーヒー。珍しく1袋から買えたので色々なドリップバッグを購入してたのですが、そのうちの1つ。

f:id:mrespresso:20210408135836j:image

ドリップバッグ
生産国:タンザニア、エチオピア、ブラジル
焙煎度合:中煎り
挽き方:中挽き
容量:10g

f:id:mrespresso:20210408135858j:image
「タンザニア」をベースに「モカ・シダモ」「ブラジル」が配合されたブレンド。

パンチのある苦みとマイルドな甘み、柔らかな質感。深煎りのコクが楽しめます。

 

まとめ

f:id:mrespresso:20210408135917j:image
森彦(株式会社アトリエ・モリヒコ)監修のボトル缶コーヒー。

香料不使用で本格派の缶コーヒー。

リキャップできるので持ち運びにも便利、ストックにもよし。

f:id:mrespresso:20210408140312j:image

パッケージには「森彦」の店舗にある看板のシルエットが描かれてるんですって。北海道に行った暁にはゼヒ伺ってみたいですね〜。

 

ノースリンクのコーヒーは森彦です

AGF『森彦の時間』も森彦監修でした