旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフとその他モロモロ

サントリーラテベースとジョージアコーヒーベース飲み比べ

スーパーをフラフラしていたら 似たような配色のコーヒーベースをみつけました。

ちょっと気軽にカフェに寄れない雰囲気の今日この頃、おうちでお手軽カフェしてみようかと購入してみました。

この手の割って飲む濃縮飲料は はじめて買うかも。

 

では、どーぞ。

ラテベースvsコーヒーベース 飲み比べ

オレンジのキャップ。

f:id:mrespresso:20200220185858j:image

どちらも約10杯分。

 

サントリーボス ラテベース

  • 容量 490ml(一杯当たりの使用量は49ml)
  • 一杯当たりのカロリー 28kcal

深煎りアラビカ豆100%使用

ラテベース1:ミルク3の割合推奨

コーヒーの濃さとミルクの甘さ、カラメル的な甘さもバランス良くマッチ。飲みやすい。飲んだ後に生乳感も残る女子受けしそうな味。

 

サントリーラテベースと言えば…

ボス ラテベースをラテでもブラックでも楽しめる味わいに進化させた「ボス カフェベース」が3月10日(火)から発売されます。

新商品の「ボス カフェベース」は、牛乳と割るだけでカフェラテが手軽に楽しめる「ボス ラテベース」の特長に加え、水でも楽しむことができるラテとブラックの“兼用化”※が実現。※兼用化は「無糖」、「甘さ控えめ」、「贅沢カフェインレス」が対象。

さらに持ち運びや保管に便利なよう、小容量化されました。もちろん今まで通り約10杯分作れます。

容量 340ml

価格 278円(税抜)

 

ジョージア猿田彦珈琲監修 コーヒーベース

  • 容量 340ml(一杯当たりの使用量は34ml)
  • 一杯当たりのカロリー 23kcal

100%エスプレッソ使用

コーヒーベース1:ミルク5の割合推奨

甘さと香料感が強くミルク感は控えめになる。エスプレッソ使用のためラテベースよりコーヒー感が強くなっている。

全体的な風味は缶コーヒーのジョージアを飲んだ感じと少し似ているように思うが飲んだ後の濃いコーヒーの苦さは特徴的。濃い甘さや苦味が好きな人はこっちかな。割るミルクを推奨より多くしたら好みかもー。

 

ちなみに、こちらはもともと『水やお湯と割ってブラックでも楽しめる』商品となってます。

 

猿田彦珈琲と言えば…

2/18開催のジャパンラテアートチャンピオンシップ2020にて、猿田彦アトレ店 伊藤バリスタが優勝されました。二連覇ですって。

 

JLAC2020 結果

優勝 伊藤大貴バリスタ 猿田彦珈琲株式会社

第2位 金藤智也バリスタ coffee up! KOBE

第3位 真早流 香織バリスタ LeBRESSO

第4位 白石 知輝バリスタ 株式会社大一電化社

第5位 岩 恭平バリスタ 株式会社丸山珈琲

第6位 松本 大樹バリスタ 株式会社トランジットジェネラルオフィス

 

まとめ

どちらも『甘さ控えめ』ですが、結構甘く感じるので、お手軽にあまーい飲み物が欲しい時によい商品だと思います。

基本は缶コーヒーと同じ味かな。

でも、例えば今日は牛乳、明日は豆乳とか、変えられるし、ミルクや豆乳の割合も変えられるので 缶コーヒーよりは大分アレンジが効いて便利。

たまにチルドカップのあまーいカフェラテ(マウントレーニアが好き)が飲みたくなる時があるから、そんな時にいいかな。

でも基本は、ブラックコーヒーにチョコを食べたいのですけどね…