旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフ

ピエールエルメ×ダイドー コラボドリンク

趣味も仕事もコーヒーな生活をしております、ミスターエスプレッソです。
ふらっと立ち寄ったコンビニ(ファミリーマート)で発見。

ピエールエルメ×ダイドードリンコ カフェ・オ・ショコラ

チョコ好きにはたまらないピエールエルメのチョコレートドリンク!かと思ったら違いました。缶コーヒーで有名なダイドーとのコラボ商品、その名もカフェ・オ・ショコラ
容量は220mlとコンパクト。エルメをイメージすると500mlとか大きめサイズは似合わないと思うので 丁度いいです。

味の感想

ペットボトルのカフェモカチックなドリンクって甘〜いのが多い印象ですが、今回のダイドー×ピエールエルメコーヒー×チョコドリンクは高級チョコみたいな上品で控え目な甘みとシルキーな質感に奥の方でモカフレーバーがほんのり香っていてスッキリ飲めた。コーヒー自体の使用量は少なめだと思う。ちょっとお高めの繊細な味のミルクチョコを食べたときと似ている感じ。
使っているモカはおそらくナチュラルかな、と。水洗の華やかさやティーフレーバーというよりはナチュラルのチョコフレーバーやナッティ感をチョコレートとミルクにミックスしている感じ。

f:id:mrespresso:20190212235924j:image

妻と分けて飲むことにしたので 普段使っているグラスより小さめの コーヒーのカッピングにつかってるグラスにあえて注いでみた。丁度良いサイズ感。

[rakuten:tonya:10003093:detail]
 ↑僕が使用しているカッピンググラス 

そもそもカッピングとは?

カッピングとは、コーヒーの「酸味」「苦味」「香り」「甘み」など、品質の良し悪しを客観的・総合的に判断することを言います。あいまいで主観的な味の世界を客観的に評価しようとするのがカッピングの目的です。
ポジティブな評価の他に異味異臭などオフフレーバーをチェックする時にも行います。

とここまで書いて 長くなりそうな気がしたのと、いきなりカッピングを熱く語るのか?!と別記事にすることにしました。
カッピングに興味のある方は ぜひ読者登録してお待ちください。