旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフ

タリーズコーヒーでもフラットホワイトをオーダー

趣味も仕事もコーヒーな生活をしております、ミスターエスプレッソ(@Coffeelabwork)です。

リーチマイケルのお店でフラットホワイトを飲んだので、せっかくなので飲み比べをしようとタリーズでもフラットホワイトを頼んでみた。

www.coffeelab.work

 

フラットホワイト(英: Flat white)はオーストラリアやニュージーランドで人気なエスプレッソベースのコーヒーである。

エスプレッソにきめ細やかに泡立てたスチームミルクを注ぎ、エスプレッソと牛乳がよく混ざり合った飲みやすいコーヒーである。カフェ・ラッテやカプチーノと比べるとフォームの量が少なく、エスプレッソ版のカフェ・オ・レとも言える。表面がクレマで覆われており一口目からエスプレッソが感じられるのが特徴である。

ウィキペディアより

 

Tully's Coffee タリーズコーヒー

f:id:mrespresso:20190224170445j:image

タリーズコーヒー(Tully's Coffee Corporation)は、アメリカ・ワシントン州シアトルを本拠とするコーヒーのチェーン店。アメリカ国外では、ブランドライセンス供与の形で日本と韓国に出店している。

日本における営業は、伊藤園の子会社タリーズコーヒージャパンが行っている。

創業社長の松田公太がシアトルのローカルコーヒー店(当時5店舗)の「タリーズ」と出会い、日本での営業権を交渉。1997年1月にタリーズコーヒーの日本での1年間の独占契約権を得て、8月7日に東京都中央区銀座にタリーズコーヒー1号店を開業。

ウィキペディアより

2018年時点で店舗数 717店でコーヒーチェーン店としては第4位でした。ちなみに3位コメダ(823)、2位ドトール(1143)、1位スターバックス(1393)です。コーヒーだけに"豆"知識。

 

オーダーメモ

f:id:mrespresso:20190224170813j:image

フラットホワイト

Tall ¥500(税込)

味の感想

リーチの所よりエスプレッソのロースト感が抑えめで 水洗系のシトラス感と甘い香り。ミルクはリーチのカフェより多めな気がした。
こちらも飲み終わりはビター感が少し強め。美味しかった。

まとめ

タリーズコーヒーのサイトで、別コンテンツとしてフラットホワイトのページがあった。
https://www.tullys.co.jp/special/flatwhite/index.html
タリーズもフラットホワイトに力を入れているのかな?

妻がスマホを出して待ち構えていたら 店員さんが「蓋はしめますか?」と聞いてくれた。外して写真を撮りたいなと思っていたので 蓋は別にいただいた。さりげない気づき、ありがとうございます。

 

タリーズコーヒー