旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフとその他モロモロ

フライングオープン♪2021年バレンタインチョコ戦利品1 ビーチサイドビートル@モロゾフ

ピンポーン。
平日の午後、何かが届きました。
あ!モロゾフからだ♪

しまった、息子が家にいるんだった…

ということで、届いた荷物は お届け物大好きな息子によって、その日のうちに開封の儀につきます。

(なかなか落ち着いて写真が撮れない〜)

「おとうさんには内緒だよ、サプライズだよ」と言っておきましたが、帰ってきたお父さんに「おとうさん、サプライズがあるよ〜」と話してました。もはやサプライズではありません。

ということで、早速紹介しちゃいましょう♪

モロゾフ Beetle

2019年、日本での販売は終了になりましたが、まだまだフォルクスワーゲンのアイコン的存在の「ビートル」。初代登場から約70年経た今も、男女問わず高い人気を集めています。そんなビートルとモロゾフのコラボレートブランドです。

ビートルの販売終了を聞いた時、真っ先に「モロゾフとのコラボチョコはどーなるの?」と心配しましたが 継続されていて安心しました。

Beachside Beetle (ビーチサイドビートル)

f:id:mrespresso:20210121220927j:image
価格:2,160円(税込)

カリフォルニアの海岸沿いに集うビートルやバスをイメージしたアソートです。サーフボード型のチョコレートには、遊び心あふれるオリジナルデザイン入り。サーフボードを載せたさわやかなライトブルーのミニカー付きです。
モロゾフ ホームページより引用

ではオープン。

f:id:mrespresso:20210121221153j:image

ミーティングバスやピックアップビートルの形をしたワーゲンの定番チョコの他に、サーフボード形のチョコが入っているのがビーチサイドビートルの特徴。

 

チョコのラインナップはこんな感じ。

f:id:mrespresso:20210121220954j:image

右下のワーゲンバス、味はフランボワーズとコーヒーなのです。

その他にも色んな味が入っているので楽しみ〜。

 

はい、さて、メインのこちらも開けましょう。

息子さん、早く開けろとうるさいです。

f:id:mrespresso:20210121221020j:image
海辺を意識したブルーの箱。

f:id:mrespresso:20210121221035j:image

じゃじゃ〜ん。

サーフボードが乗ったビートルの登場です。

サイドには「2021」、ナンバープレートには「Morozoff」と書かれてます。これは毎年一緒です。

年々「モロゾフ」が読みづらくなってます笑
f:id:mrespresso:20210121221104j:image

かわいいなぁ。
ずっと見てられる。

f:id:mrespresso:20210121221116j:image

チョコが入っていた所に敷かれていた紙にもこだわりが!

ロンハーマンとかの床板とか壁っぽくないですか?カリフォルニアっぽくて、とにかくおしゃれ♪

ちなみにミニカーはトミカほど強度はないので 小さなお子様に渡すと壊れる可能性がありますのでご注意下さい。

 

まとめ

すみません、『バレンタイン2021年おすすめ10選』で紹介していたモロゾフ商品とは違う物を購入してしまいました。 

毎年同じ形のミニカーでもよかったんですけど、「今年こそはサーフィンはじめたいなぁ〜」と思っていたので、「これは運命だ!」とやる気出すためにこちらに変更。

f:id:mrespresso:20210121221132j:image

 

▼去年2020年のビートルはこんな感じでした。

▼その前2019年のビートルはこれでした。

 モロゾフ×ビートル、最高でっす!