旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフとその他モロモロ

コージーコーナー×Hanakoコラボ 銀座で叶う7つのスイーツが激かわ!

スーパーの『コージーコーナー』の前を通ったら、雑誌Hanakoとコラボしためちゃかわなプチガトーに出会いました。

しばらくカフェに行ってないし、行けそうにないので、おうちカフェしましょ。

“銀座で叶う7つの体験”をプチガトーで表現

銀座で叶う、7つのこと。

いつの時代も女子の憧れの街“銀座”で叶う7つの体験をプチガトーで表現。

f:id:mrespresso:20200328224604j:image

7つのスイーツに、女子の憧れがギュッとつまってます。

f:id:mrespresso:20200328224501j:image

専用デザインのボックスもかわいくて、ボックスを開ける前からウキウキ。そして出したら…きゃー💕っと笑顔になります。

銀座の街にお出かけした気分になれますよ(きっと)

価格:¥2,700(税込)
発売:2020年3月28日(土)〜5月31日(日)頃  (5月8~10日は休止)

永遠の定番をみつける「苺のショートケーキ」

f:id:mrespresso:20200328224643p:image

まろやかなクリームときめ細かいふわふわのスポンジ、光り輝く真っ赤な苺が三位一体となった苺のショートケーキ。大人になってもやっぱり心躍る定番ケーキは、洗練されたスクエア型にして、銀座らしい端正な佇まいに。

安定の味。

小さいけど中にちゃんと苺も入ってますよ。

生クリームの甘さと苺の酸味がいい塩梅。

 

大人なお酒をたしなむ「サバラン風ケーキ」

f:id:mrespresso:20200328224729p:image

コアントローとラム酒を利かせたオレンジシロップを含んだマドレーヌ生地を口に入れると、生地からじゅわっとあふれる芳醇な香りにうっとり。みずみずしいオレンジのシロップ漬けとのバランスも絶妙で、サバランの概念を変える逸品。

マドレーヌ生地にたっぷりシロップが含まれてます。サバランを食べたことがないのですが こんなにしっとりなのかな?

お酒使用とのことでドキドキしましたが ほとんどお酒は感じませんでした。

オレンジピールとマドレーヌ生地を一緒に食べるとオレンジがより香って美味しい。

 

レトロな喫茶店をめぐる「コーヒーゼリー」

f:id:mrespresso:20200328224757p:image

“銀ぶら”の語源ともいわれるブラジル産コーヒーを含むブレンドコーヒーを使用。コーヒーの軽やかなコクとスッキリとした苦味に、クリームと黒蜜ソースがマッチした大人の味わいは、銀座の老舗喫茶店でいただく一杯を思わせる。

コーヒーゼリーはしっかり苦目。そこにケーキ屋さんらしく、コーヒーフレッシュではなくクリームを合わせてさらに黒蜜の甘さが混ざり合ってていい感じ!

このプチサイズだからこそのバランスかも。

 

和の伝統に触れる「あんみつ」

f:id:mrespresso:20200328224833p:image

黒蜜ソースがからんだつるんとつややかな寒天ゼリーに、粒あん、白玉、塩ゆで赤えんどう豆、抹茶クリームなどを贅沢にトッピング。洋菓子店が本気で挑戦した和の甘味は、銀座の老舗和菓子店に負けない繊細な技が冴える味わい。

んー、もう一息な感じ。

白玉の弾力性がなくて食感が物足りず。

他もそんなに特筆すべき点はなく、普通でした。

ただ、見た目はカワイイ!容器のデザインは懐かしの「銀座 立田野」を連想させます。

 

大切なひとへの贈り物を探す「チョコレートタルト」

f:id:mrespresso:20200328224905p:image

ベリーチョコレートクリームのタルトの上には、ラズベリージャムを忍ばせたチョコレートムースをオン。チョコクリームのリボンと金粉をかけて、きちんと感のある端正なプレゼントボックス仕立てに。

ベリーの酸味と濃厚なチョコ。

チョコの苦さだけでなくベリーの酸味も心地よい。

ただ ベリーに当たる部分と当たらない部分もあるので もう少し入ってたらなぁと思ったり。

タルト生地が美味しい。

 

パーラーでフルーツ三昧「フルーツタルト」

f:id:mrespresso:20200328224936p:image

香ばしいタルト生地の上にカスタードクリーム、苺、ぶどう、キウイ、オレンジのシロップ漬け、ブルーベリーをごろんとのせて。きらめくフルーツのもぎたてのようなみずみずしさと、程よい甘さのクリームが口の中で溶け合う口福な時間。

上のフルーツは息子に全部食べられてしまったけど、多分美味しいはず笑

下のタルト部分はちょうどいい固さ、小ぶりな分 クッキーがしっかり味わえる。おいしー。

 

憧れの輝きに心ときめく「チーズムース」

f:id:mrespresso:20200328225012p:image

いつか手に入れたい、一生もののジュエリーといえばパール。女性を輝かせてくれるパールをイメージした美しいチーズムースは、中に入れたきゅんと甘酸っぱいブルーベリージャムが、初めて本物を身につけたときの高揚感まで表現。

ブルーな部分は濃厚な甘さ、中のチーズムースは酸味のあるさっぱりしたレアチーズ。

中のブルーベリーがちょっとしたアクセントになってました。

ブルー部分は少なめにして、下のさっぱり目のレアチーズがもう少し食べたかったかな。

 

まとめ

思いがけず かわいいスイーツに出会えました。

毎回思いますが 色々な味が楽しめるのでコージーコーナーのプチガトーが好き。

そうそう、コーヒーゼリーの紹介でも書いてありましたが、銀ぶらと言ったら「銀座のカフェーパウリスタでブラジルコーヒー」ですよね。

あのジョンレノンも通ったという老舗カフェーパウリスタ。

早く気軽に銀座をブラブラ出来る様になるといいですねぇ。