旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフとその他モロモロ

くら寿司のくら出汁でひつまぶし&お茶漬け♪


何かの番組で見たんですが番組名が思い出せず、検索しても引っかかるのは1年前や2年前の記事ばかり。
「えー、なんていう番組だったっけー?」
という曖昧な記憶の中やってまいりました、くら寿司へ。
そう、アレを試す為にね。

くら寿司

最近ロゴが変わりましたね。佐藤可士和さんが関わってるそうですよ〜。

自宅近所の回転寿司屋さんは『はま寿司』なんですが、ここはお寿司は回転してない注文レーンでのみ出てくるタイプなので、ベビーチーノ(息子)の中では「回転寿司=くら寿司」になってまして、くら寿司に来たら一丁前に「今日はまわるお寿司かぁ〜」なんて言ってました笑
でも、ビッくらポン(ガチャガチャ)が出来るコチラが1番好きな息子です。
今は鬼滅の刃コラボをしてる回転寿司というイメージもあります。コラボにつられて我が家も結構な頻度通っています。

くら寿司店舗一覧

www.kurasushi.co.jp

くら寿司 くら出汁

f:id:mrespresso:20211031211119j:image
2年くらい前の記事では「メニューに載っていない裏メニュー」と書かれていましたが、今はちゃんとタッチパネルにのっていました。

f:id:mrespresso:20211031211103j:image

パネルの汁物・麺類のゾーンを探していましたが、載っているのはサイドメニューの所でした。

紙カップに入って出てきますが、結構熱々なのでご注意下さい。

 

くら出汁 アレンジ食べ方

番組名を思い出せなくて、内容もあやふやになってきましたが、こんな食べ方紹介していたような気がします…

その1 湯引き

まずは湯引きで食べてみます。

f:id:mrespresso:20211031211049j:image

  1. 鯛握りを注文
  2. ネタだけを出汁カップで湯引き
  3. シャリの上に戻して ちょっと醤油を垂らして完成

f:id:mrespresso:20211031211334j:image
さっぱりで美味しい♪
炙りとはまた違う食感、しゃぶしゃぶ感覚です。

f:id:mrespresso:20211031211212j:image

出汁がしっかり熱いので ネタ色もほんのり変わっていい感じです。

 

鯛の後 マグロも湯引きしましたが 個人的には白身魚の方があっていると思いました。

 

その2 お茶漬け

いや、出汁漬けかしら?

  1. 鯛握りを器にいれる
  2. くら出汁をかけて完成

f:id:mrespresso:20211031211136j:image

お〜 サラッといけますねー。
ご飯と共に出汁をしっかり味わえます。

 

その3 ひつまぶし

うな丼握りはそのままでも美味しかったのですが、ひつまぶしをしてみます!

  1. 子供用の器にうな丼握りをいれる
  2. くら出汁をかける
  3. ワサビを乗せて 崩しながら食べる

f:id:mrespresso:20211031211151j:image
うまーーーーーい。

出汁が結構しっかりしているのですが、うな丼のタレも濃厚で負けてない。そして酢飯の酸がアクセントになっていて 寿司屋のひつまぶしになっています。

子供用の器に入れて作りましたが、雰囲気も楽しみたいので取り分け用に専用のお椀もあったらいいなと思いました。

 

まとめ

くら寿司来たら くら出汁頼んで 湯引きとひつまぶしは絶対やりましょう!!!

うな丼握りが季節のメニューに入っていたので 是非定番化される事を祈ります。

 

ちなみに、『国産はまち胡麻醤油漬け』や『極み熟成 漬けまぐろ』『極み熟成 ゆず漬け真鯛』なら 緑茶でお茶漬けって言うのもありだと思います(「漬け+お茶」は はま寿司で実践済み)