旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフとその他モロモロ

鎌倉で世界一のアップルパイとヴィヴモン ディモンシュのコーヒー豆を購入

昨年、仕事で鎌倉に行ったエスプレッソ氏のお土産です。

ミレメーレ (mille mele)

世界No.1シェフ マルコ パオロ モリナーリがつくる世界一のアップルパイ。

食通たちを唸らせる究極のアップルパイを目指し、パイ生地からカスタードクリームに至るまで、厳選された素材を使用しております。

ミレメーレホームページより引用

世界一のアップルパイ

f:id:mrespresso:20210116221631j:image
「世界一の焼きたてパイ」

いつでも焼きたてのおいしさ。

最高品質から生まれる究極のおいしさに触れたときの人々の笑顔こそが、mille meleの誇りです。

店舗一覧

  • 鎌倉本店 ▶︎ 神奈川県鎌倉市小町2-12-27
  • 鎌倉小町店 ▶︎ 神奈川県鎌倉市小町2-10-4
  • 海老名SA上り店 ▶︎ 神奈川県海老名市大谷南5-1-1 東名高速道路海老名サービスエリア上り線
  • 横浜中華街店 ▶︎ 神奈川県横浜市中区山下町216-6

 

いざ、実食!

思ってたより大きめ〜。

おうちでリベイクしてからカット。

パイ生地はたっぷりのフランス産バターを使用しているのでサックサク。

f:id:mrespresso:20210116221841j:image
中のオリジナルカスタードクリームはバニラの香り、卵のコク、ミルクの甘さがぎゅっと詰まっているベーシックな物に豆乳を乳酸菌で発酵させた豆乳クリームチーズが合わさっています。

絶妙なバランス。

f:id:mrespresso:20210116221550j:image

リンゴは大ぶりな物がたっぷり使われていてゴロっと。酸味がオリジナルカスタードクリームと合わさってて美味しい。

 

ペアリングコーヒー

ヴィヴモン ディモンシュ(Vivement Dimanche)

神奈川県鎌倉市小町2-1-5 桜井ビル 1階

f:id:mrespresso:20210116221513j:image

鎌倉の小町通りからちょっと脇に入ってすぐにある 有名なカフェ。

店名はフランソワ・トリュフォー監督の1983年のフランス映画から取られていて、『日曜日が待ち遠しい』という意味です。

オーナーの堀内隆志(ほりうちたかし)さんはカフェ業界のカリスマで、著書も多く出されてます。

本当はカフェに寄りたかったようですが、結構混んでいて(11月末くらいだったかな?)諦めて豆だけで買ってきてくれました。

エチオピア ナチュラル

f:id:mrespresso:20210116221527j:image

フルーティーなフレーバーにローストが効いた芳醇な香り。鼻抜けもよくておいしぃ〜。

パッケージはシンプルだけど力強くオシャレです。筆記体をかっこよく書けるようになりたい。

 

まとめ

クリームもサッパリして美味しい✨

けど、「世界一の!」と言われると 正直よくわからなかったです。個人的には世田谷のグラニースミスがマイベスト🍎
f:id:mrespresso:20210116221659j:image
店舗では焼きたてを食べられます。

鎌倉の古都の雰囲気を堪能しながら、甘香ばしいアツアツアップルパイをほおばると美味しさも倍増かもしれませんね〜。