旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフとその他モロモロ

岡田謹製あんバタパンは限定300個!お土産スイーツにピッタリ@東京ギフトパレット

ソールズゴーフレットを買ったのと同じ日、こちらも購入していました。

下調べもせず 呼び込みに引き寄せられた形でしたが、結果 買って良かったお品でした♪

東京ギフトパレット

~つなぐ、いろどる~

彩り豊かなギフトが揃う「東京ギフトパレット」が​2020年8月5日にオープンしました。
大切な人への想いをカタチにする“人と人をつなぐ”​手土産や、こだわりの弁当やカフェなどを取り揃えた​東京駅八重洲北口の新スポット。

 

岡田謹製 あんバタ屋

小樽を代表するスイーツブランド「小樽洋菓子舗ルタオ」を運営する株式会社ケイシイシイが手掛ける あんバタースイーツ専門店。

「懐かしいけれど新しい」をコンセプトに誕生しました。

f:id:mrespresso:20201010173942j:image

餡子には、希少な北海道産『えりも小豆』を使用。

文明開化とともに訪れた『餡子とバター』の感動再来、かじってみれば文明開化の味がする♪

風味のよさはもちろん、口あたりもよく、丁寧に時間をかけてあんに仕上げられているそうです。

https://www.anbataya.jp

 

メニュー

販売されているのは「あんバタパン」と「あんバタフィナンシェ」の2種類

あんバタパン

1個入 303円 / 6個入 1,815円(ともに税込)

岡田謹製『餡子』には希少な北海道産『えりも小豆』を使用。
惜しみなく丁寧に炊き上げ、風味良好、口当たり良しな餡子を驚くべきふくよかなパンで、塩味のきいたバターと共に贅沢に閉じ込めました。

 

あんバタフィナンシェ

6個入 1,620円(税込)

これぞ和洋折衷。土産に良しな洒落た品。
フィナンシェから湧き立つエキゾチックな『バター』の香りと岡田謹製あんバタ屋が誇る『餡子』の妥協なき風味と口当たり。
それらを逃さないように低温で香ばしく焼き上げてます。

 

購入メモ

岡田謹製 あんバタパン

f:id:mrespresso:20201010173852j:image

「1日300個限定!」とアナウンスしていたら、「買うっきゃない!」って雰囲気になりますよね。早めの時間だったので人が並んでいなかったので 即買いました。

f:id:mrespresso:20201010173923j:image

力強い文字とライオン、ちょっとレトロなパッケージがいい感じ。

f:id:mrespresso:20201010173909j:image

ずっしり重め。ケシの実はしっかり付いてます。

f:id:mrespresso:20201010173932j:image

ふんわりパンにあんこと塩味の効いた柔らかバターがしのばせられ、甘いとしょっぱいの絶妙なバランスがクセになるおいしさ。

今回はおやつタイムに牛乳と組み合わせましたが(あんぱんには牛乳ですよね!)、時間があったらブラジル・グアテマラ主体の中深煎りの軽めのコーヒーと合わせてもいいかも。

 

まとめ

思っていたよりサラッとパクっと食べられました。

ちょっと小腹が空いたときなど、手軽にいただけるサイズなので、新幹線のお供にもいいかもしれない。乗る前に買っておく事をおすすめします。

もちろん、手土産に喜ばれそう♪

もう一つの商品『岡田謹製 あんバタフィナンシェ』は次回買ってみたいと思いまーす。