旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフとその他モロモロ

新感覚フラワーパークはなびよりはよみうりランド隣にある癒しのスポット♪スタバもあるよ

ずっと行きたいと思っていた『はなびより』という施設。よみうりランドの隣にある新感覚エンターテインメント型植物園です。

季節を感じるのが好きな息子のために 今回はこちらにお邪魔する事に〜。

こんなにアクティブなのは、ふっふっふっ、母にも目的があったからなんです!

HANA・BIYORI (はな・びより)

驚きと新感覚がたっぷりつまった、これまでにないエンターテインメント型フラワーパーク。

毎日、お花見日和でいつ来ても感動が味わえる花の庭園。四季を問わず満開の花が展示されています。

日本初の植物園内スターバックスや観ている人の感情を感知してエンディングが変わるアートショーが特徴です。

施設規模は総面積4万平方メートル。

入園料

大人(中学生以上) 1,200円
小人(3歳~小学生) 600円

住所

東京都稲城市矢野口4015-1

日本初植物園のスターバックス

New life style with coffee

f:id:mrespresso:20201117221452j:image

太陽の光がさんさんと降り注ぐ、花と緑に囲まれた空間に寄り添ったBotanical caféでスターバックスのコーヒーとともに非日常の体験を楽しめます。

f:id:mrespresso:20201117221434j:image

STARBUCKSのサイネージが本物の植栽で表現されていて、さすが植物園内のスターバックスと思わせてくれます。

ここに来たかったのよーーー

f:id:mrespresso:20201117221416j:image

カフェスペースには長さ8mの海水水槽と緑鮮やかな水草が拡がる3mの水槽も設置されていて、沖縄からやってきたカクレクマノミ、デバスズメダイ、キンギョハナダイなど約50種1,200匹の魚たちを眺めることが出来ます。

▶︎ はなびよりスターバックスでオレオ風フラペチーノをカスタムオーダー

 

花とデジタルのアートショー

f:id:mrespresso:20201118164610j:image

HANA・BIYORI館では花とデジタル技術を融合した「プロジェクションマッピング」のショーが毎日楽しめます。

プロジェクションマッピングが楽しめる常設施設として植物園では日本初です。

明かりが差し込むガラスの温室が暗転しプロジェクションマッピングがスタートすると、そこは花とデジタルアートの世界に変身し、驚き溢れる世界が広がります。

はなびよりホームページより引用

さらに、観客の感情を分析してエンディングが切り替わる「マルチエンディング」が取り入れられていて、何度も楽しめます。

スケジュール

平日 10:30~
12:30~
14:30~
16:30~
18:00~※
19:30~※
日祝日 10:00~
11:00~
13:00~
14:00~
15:00~
16:00~
17:30~※
18:30~※
19:30~※

※ナイター営業日のみの実施

所要時間

10分(準備〜アナウンス〜本番〜終了)

映像自体は5〜6分でした

フラワーシャンデリア

「HANA・BIYORI」の一押しスポット。

f:id:mrespresso:20201118164548j:image

ベゴニアをはじめ、フクシア、ペチュニア、ゼラニウム、サクソルムなど300を超えるフラワーシャンデリア。その総数は日本最大級です。

人気のコツメカワウソ

はなび(オス)、ちゃちゃ(メス)、うり(オス)、ひより(メス)がHANA・BIYORIの人気者になってます。

f:id:mrespresso:20201118164624j:image

エサやりは現在中止していますが、1日に何回かは外で遊んでいる様子が見られて、コツメカワウソのかわいい仕草を身近に感じられます。

貴重な文化財が並ぶ日本庭園

国の重要文化財に指定されている「妙見菩薩像」や「聖観世音菩薩像」が安置。仏舎利と聖髪が一緒に収められている「釈迦如来殿」や京都御所からの移築とされる「聖門」など、様々な文化財が配置されています。

はなびよりホームページより引用

HANA・BIYORIの歩き方

そんなに広くない敷地なのですが こんな風に回るとロスがなくていいかなという提案です。

f:id:mrespresso:20201118162334j:image

f:id:mrespresso:20201118165700j:image
まず入ったらかわいい手水舎を愛でましょう。

f:id:mrespresso:20201118165715j:image

少し戻る感じで階段をのぼって『聖なる森』ゾーンへ。

(この階段はライトアップポイントでもあるので、夕方以降も再度来ましょう。また、パタゴら辺は高台なので よみうりランドのイルミネーションも見えちゃうと思います♪)

妙見菩薩像→釈迦如来殿(パタゴ)→多宝塔と回りながら堪能したら次のゾーンです。
この降り口(地図画像の★印)の階段は一方通行出口なのでご注意下さい。

f:id:mrespresso:20201117174726j:image

四季の庭を楽しんだ後はスターバックスはなびより館に入ります。

すぐにスターバックスを楽しみたいところですが、まずは日本最大級のフラワーシャンデリアを存分に堪能します。

その次に、アートショーまでの時間調整を兼ねながらスターバックスを満喫。

コツメカワウソもいるから 時間調整は結構出来ると思います。

f:id:mrespresso:20201118162424j:image

ハナビヨリ館を出たら ドレス気分になれる写真スポットで写真を撮ったり撮らなかったりして、最後『空見の丘』で癒されてから、2周目に入ってもいいですね。

ライトアップされてたらまた違った雰囲気なので(見てないので想像ですが汗)同じルートでも楽しいはずです。

そして、はなびより満喫したら、帰りましょう。

 

まとめ

はじめて行ったハナビヨリ、混んでなくてかなり穴場です。逆に経営が心配です。

今回は11時ちょっと前についたので すぐにアートショーを楽しめ、その後園内を行ったり来たりしながら植物を愛でて、スタバでひと休憩して、聖なる森を散策して 2回目のアートショーを見て帰りました。所要時間2時間ってところでした。

冬なら日が暮れるのが早いので 16時にはライトアップされるかな?その時間まで植物園を堪能しても 夕ご飯には間に合いますので、ぜひナイトタイムのライトアップも楽しんでからお帰りください。

f:id:mrespresso:20201118165734j:image

ちなみにベビーチーノ(息子)は、植物園上を通る 遊園地行きのゴンドラに乗りたくなってました。
5歳男の子には隣のよみうりランドの方がよかったかもしれません(この日はエスプレッソ氏不在のため 体力勝負の遊園地は候補にしませんでした)
次は よみうりランドに連れて行ってあげたいと思います。