旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフ

ラテグラフィック町田で軽めのランチ、もちろんフラットホワイトも

趣味も仕事もコーヒーな生活をしております、ミスターエスプレッソです。

町田に野暮用があり、またまたやってまいりました、ラテグラフィック町田。

今回ははじめにまとめを言っちゃうぞ

やっぱりいい雰囲気のお店は居心地がいい!

適度な混雑具合、僕は好きです。なんて始めにまとめてしまうほど 好きな空間なのです笑 お近くの方はもちろん、電車を乗り継いでも来てみて欲しい(ちなみに自由が丘と海老名にも店舗あり)

本日のオーダー

  • ハムとチーズのパニーニ
  • フラットホワイト

パニーニ

パニーニ

チェダーチーズ、ハム、レッドオニオン、ハーブ、マヨネーズ、マスタード

パンはよくあるパニーニよりふっくらめ。焼き具合が程よくサクッふわっとしてます。ちなみに一時期(20代に)はまっていたドトールのミラノサンドよりパンは柔らかめで食べやすい。チーズとハムの塩加減、レッドオニオンとマスタードのピリっと感。ガッツリお昼には物足りないかもしれないが 朝をたっぷり食べた僕にはちょうど良い量でした。

ちなみにパニーニは複数形で単数だとパニーノと言うらしい。

フラットホワイト

フラットホワイト

ニュージーランド系のお店ということで、やはり頼んじゃいますよね。メニューにもどーんと出てます。以前訪れたリーチのお店より 気持ちエスプレッソ感が薄いかな。これはこれで食事前にいただくフラットホワイトとしては最適だった。ちなみにお店の名前と同じ「ラテグラフィック」というメニューがあり、これは倍の量エスプレッソを使っているのでスイーツと一緒に食後に頂きたいなと!

ドリンクメニュー

メニューにはイラスト付きでエスプレッソの量やスチームミルクの量などが描かれているので 初めての方も わかりやすくていいですね。

ワンモアコーヒー

そして、食事のプレートが下げられた後は新しいお手拭き…「ごゆっくりどうぞ」の手描きイラスト付き。さらに2杯目半額になります札もいただきました。混んで来て 待ちの方も居るので 本当にゆっくりしていいのか心配になりますが笑。こういったホスピタリティが「また来たい」って思わせるんだろうなぁ。

オーストラリア発祥スイーツを発見

オーストラリア発祥スイーツ

メニューがカフェ雑誌の写真や記事みたいでお洒落。その中にオーストラリア発祥スイーツが載っていて興味をそそられた。以前 ブリスボール(これもオーストラリア発祥)を頂いたことがあるが それより大きくばーんと出ていたのがラミントンという一口大のスイーツ。スポンジ生地にラズベリーを使ったホワイトチョコをコーティングして、さらにココナッツをまぶしたものだそう。ランチセットについているデザートをプラス料金でラミントンに変更できるとのこと。

もろもろ感想

ラテグラフィック町田店内

日曜 11時頃来店

きっと混むだろうなぁと気持ち早めに来店して正解でした。2人がけソファ席がすぐ埋まり、のちの来店客はカウンターに座っていました。

女性の比率が若干高めかな?と思いつつ、カップルや家族連れも まあまあいた。逆に1人客の方が少ないかな?でも1人でも気にならないくらい居心地はいいんです。賑やかな店内、適度な音楽。今度はガッツリランチをしに来ようと思う。

ラテグラフィック町田 店舗情報

ラテグラフィック町田

〒194-0013 東京都町田市原町田6-11-11