旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフとその他モロモロ

ローソン シングルオリジンコーヒーまとめ MACHI café

2014年から始まったローソンの「シングルオリジンシリーズ」コーヒー。

ブレンドせずに楽しむ、ワンランク上質なコーヒー「MACHI caféシングルオリジン」

どんなラインナップが過去にあったのか、興味が出たのでまとめました。

情報が見つけきれず、空白の時期もあります。わかり次第追記します。

※ 画像はローソンホームページ、ローソンTwitterよりお借りしました

MACHI café シングルオリジン コーヒー

f:id:mrespresso:20201220230011j:image

ブレンドせずに1種類のコーヒー豆の香りや味わいを楽しむコーヒーを「シングルオリジン」といいます。生産地域や農園を世界中から厳選し、そのコーヒー豆の持つ特徴を引き出す焙煎方法にもこだわるため、コーヒー専門店では、プレミアムコーヒーという位置づけで展開されています。

コーヒー発祥の地の「モカ」や、非常に希少価値が高い「ブルーマウンテン」などが有名です。

ブレンドせずに楽しむ上質なコーヒーという位置づけです。

2021年

イパネマ ゴールドエディション

f:id:mrespresso:20210222180745j:image

発売日:2021年2月16日(火)
価格:200円(税込)

生産国:ブラジル
生産地:イパネマ農園 リオベルジユニットA48区画
加工方式:非水洗
焙煎:フルシティロースト

コーヒー大国ブラジルで最大級の生産面積を誇るイパネマ農園。その中でも選び抜かれた品質上位1%が「プレミアクリュー ゴールドエディション」です。

 

2020年

ブルーマウンテンNo.1

f:id:mrespresso:20201221210949j:image

発売日:2020年12月8日(火)
価格:300円(税込)

生産国:ジャマイカ
生産地:ブルーマウンテン地区
グレード:No.1
加工方式:水洗式
焙煎:フルシティーロースト

日本でとても人気のあるブルーマウンテン。
その中でも規定されたブルーマウンテン山域で生産されたコーヒー豆のうち、最高等級の「ブルーマウンテンNO.1」を使用しているから香り、甘み、酸味、コクが柔らかくバランスの取れた上質な味わいとクリアな後味が楽しめる。

 

ケニア サファリマウンテン

f:id:mrespresso:20201221195050j:image

発売日:2020年1月21日(火)
価格:300円(税込)

生産国:ケニア
生産地:ニェリ地域
グレード:AB
加工方法:水洗式
焙煎:シティロースト

高品質なケニアコーヒーの産出エリアとして名高い「カラチナ地区」の原料を厳選。
「カラチナ地区」は高品質ケニアコーヒーの特徴であるカシスやベリー系の味わいを産出するエリアとして名高い地区で、果実味溢れる味わいが特徴です。
爽やかな酸味、柔らかな苦み、しっかりしたコクを感じるバランスの取れた味わいを楽しめる。

 

2019年

ルワンダコーヒー

f:id:mrespresso:20201221194941j:image

発売日:2019年12月3日(火)
価格:300円(税込)

ルワンダ北部ガケンケ郡チョコ地区のスペシャルティグレード品で、甘くほろ苦い味わいとコクのある味わいが特徴です。

ルワンダは高品質のコーヒー作りに力を入れていて、欧米ではスペシャルティコーヒーの産地として知られてきています。
ルワンダの品質の良いコーヒーは、甘さがよく感じられるのが特徴。高地産特有の上品な酸味もあります。

今回は、アフリカでは珍しいハニープロセスと呼ばれる精選方法を用いることで、甘みとコクがより感じらるようになっています。

 

スマトラタイガー アイスコーヒー

f:id:mrespresso:20201221195120j:image

発売日:2019年8月13日(火)
価格:300円(税込)

良質な完熟豆の中から大粒豆のみを厳選し、マンデリン特有のなめらかな口当たりに、しっとりとした甘みと軽やかな酸味を感じるフルーティーな味わいが特徴です。

 

パナマゲイシャ (セラフィン農園)

f:id:mrespresso:20201221195848j:image

発売日:2019年1月29日(火)
価格:500円(税込)
生産国:パナマ共和国
生産地:チリキ県ボケテ渓谷オルケタ地区
グレード:SHB
加工方式:水洗式
焙煎:ハイロースト

高価なコーヒー豆の一つとして名を馳せている「パナマゲイシャ」。
ジャスミンの花のようなフローラルな香り、柑橘系のフルーツの香り、はちみつのような甘い香りなどを思わせる、奥深い華やかなフレーバーが特徴です。
希少性が高いパナマゲイシャの淹れたての華やかな香りと、口に含んだ瞬間の爽やかな柑橘系の香り。 

 

2018年

ティピカ スペシャルリザーブ (パナマ・ベルリナ農園)​ 

f:id:mrespresso:20201221195234j:image

発売日:2018年12月11日(火)
価格:500円(税込)
生産国:パナマ共和国
生産地:オルケタ地区
グレード:SHB
加工方式:水洗式
焙煎:ハイロースト

しっとり、そしてしっかりしている香りが特徴の『ティピカ スペシャルリザーブ』です。 
樹齢100年以上の古いティピカがある特定ブロックのみから収穫・精製した限定豆のスペシャルリザーブ。
運河の国、パナマのボケテ渓谷で100年以上の歴史がある名門ベルリナ農園からお届けする稀少なコーヒー。 

 

ブルーマウンテンNo.1

f:id:mrespresso:20201221195938j:image

発売日:2018年10月16日(火)
価格:500円(税込) 
生産国:ジャマイカ
生産地:ブルーマウンテン地区
グレード:No.1
加工方式:水洗式
焙煎:フルシティロースト

酸味と甘みのある芳香な香りと、甘みのあるコクが絶妙なバランスを保つ、繊細な味わいに仕上げました。
世界の生産量1%に満たない希少なブルーマウンテン。その中でもNo.1グレードの豆を厳選。

 

ハワイアンクイーン農園 ハワイコナアイスコーヒー

f:id:mrespresso:20201221200044j:image

発売日:2018年6月19日(火)
価格:500円(税込)

生産国:アメリカ
生産地:ハワイ島 コナ地区
グレード:エクストラファンシー
加工方式:水洗式
焙煎:フレンチロースト

苦味とオレンジ系の酸味、適度なコクがバランス良く飲みやすい味わいに仕上げました。 
「ハワイアンクイーン農園」で生産したハワイ州輸出規格における最上等級「エクストラファンシー」を使用しています。 

最高級の豆「エクストラファンシー」とは毎年11月にハワイ島で開催されるコナ・コーヒーフェスティバル・カッピングコンテスト。
ハワイアンクイーン農園は、品評会であるカッピングコンテストで2度の優勝経験のある入賞常連の農園。
購入すると付いてくるスリーブもハワイっぽさを感じられる仕様になっている。

ハワイ最上等級の美味しさ。

 

パナマ ベイビー ゲイシャ

f:id:mrespresso:20201221200131j:image

発売日:2018年2月6日(火) 
価格:500円(税込)

生産国:パナマ共和国
生産地:チリキ県オルケタ地区ベルリナ農園
グレード:SHB
加工方式:水洗式
焙煎:ハイロースト

フルーティで甘酸っぱい香り、フレッシュな柑橘系の酸味と甘みが特徴のコーヒーに仕上げました。

パナマ ベイビー ゲイシャとは?
国際コンクールである「ベスト・オブ・パナマ」で、数々の賞を受賞しているベルリナ農園。この農園で、特に3~5年のゲイシャ種の樹に実る完熟豆だけを使った、特別な一杯です。
樹齢3~5年の「Baby Tree」から採れる、非常にフレッシュで華やかなゲイシャ種のことを、「Baby Geisya」と現地で呼んでいます。

 

2017年

トアルコ トラジャ プルプル

f:id:mrespresso:20201221200202j:image

発売日:2017年11月7日(火) 
価格:300円(税込)

生産国:インドネシア共和国
生産地:スラウェシ島 北トラジャ県プルプル村
グレード:GRADE1
加工方式:水洗式
焙煎:ハイロースト/シティロースト

アラビカ種の傑作「トアルコ トラジャ」は幻のコーヒーとも言われています。
その中でも標高1,600m~1,800mの高地に位置するプルプル村産のコーヒーは、昼夜の大きな寒暖差の中で育まれています。

 

ブルーマウンテン

f:id:mrespresso:20201221200250j:image

発売日:2017年9月26日(火)
価格:300円(税込)

生産国:ジャマイカ
生産地:ブルーマウンテン地区
グレード:No.1
加工方式:水洗式
焙煎:シティロースト

ブルーマウンテンの生産地区では、2012年にハリケーンの直撃を受け、大量に倒木が発生。
コーヒーの木が成木になって収穫可能になるまで3~4年かかるため、現在品薄になっている商品です。
中米・ジャマイカの標高約800m~約1,200mのブルーマウンテン地区で生産された豆の中から、輸出等級No.1グレードを厳選。
世界の生産量1%以下の希少な味わいです。

 

ダイヤモンドバリ

f:id:mrespresso:20201221200358j:image

発売日:2017年4月11日
価格:300円(税込)

インドネシア・バリ島。標高約1200mの高地にあるバトゥール湖畔で、完熟した実だけを摘みました。「バリのダイヤモンド」と呼ばれる希少な味わいを、どうぞご堪能ください。甘味のある酸味と軽やかな苦味が特徴です。

 

ゲシャゲイシャ

f:id:mrespresso:20201221200530j:image

発売日:2017年2月14日(火)
価格:300円(税込)

生産国:エチオピア
生産地:ゲシャ村
グレード:GRADE-2
加工方式:水洗式
焙煎:ハイロースト

ゲイシャ種発祥の地であるエチオピアの西部にある「ゲシャ村」で栽培された希少なコーヒー豆を使用。

ゲイシャ種は2004年に、パナマの国際品評会で当時の史上最高価格で落札されました。ゲシャ村で栽培されたゲイシャ種のコーヒー豆は、世界のコーヒー豆生産量に占める割合が0.0002%しかない、希少価値の高いコーヒー豆です。ほのかな花の香りが特徴で、フルーティーな酸味とコクを楽しめます。

コンビニエンスストアで「ゲシャゲイシャ」使用のコーヒーを発売するのは初。

 

2016年

コロンビア ウィラ セレクション

f:id:mrespresso:20201221200634j:image

発売日:2016年11月15日
価格:300円(税込)

生産国:コロンビア
生産地:ウィラ州
グレード:エクセルソ
加工方式:水洗式
焙煎:フルシティロースト

個性豊かなコーヒー豆が採れるこの地から、バリスタトレーナー・坂本義治氏が農園を厳選、特別な一杯に仕上げました。

 

トアルコトラジャ (パダマラン農場)

発売日:2016年9月27日
価格:300円(税込)

アラビカ種の傑作といわれ、珍重されていたコーヒーです。芳醇な香り柔らかな口当たり、豊かな酸味と甘みのある味わいです。

 

エチオピア モカ イルガチェフ

f:id:mrespresso:20201221200910j:image

発売日:2016年7月26日(火)
価格:300円(税込)

エチオピアコーヒーの輸出規格で最上級品質のコーヒー豆を使用したシングルオリジン。

エチオピアの高地にあるイルガチェフ地域で栽培されたコーヒー豆を使用しています。芳ばしい焙煎の香りやロゼワインのような澄んだ苦みと爽やかな酸味を楽しめます。厳選した豆をアイスコーヒーとして楽しめるよう、フレンチローストで焙煎し、しっかりとした味わいを引き出しました。

 

2015年

トアルコ トラジャ (パダマラン農場)

f:id:mrespresso:20201221200712j:image

発売日:2015年9月29日
価格:300円(税込)

インドネシア・スラウェシ島トラジャ地方の高地にある「パダマラン農場」で栽培されたコーヒー豆のみを使用しました。芳醇な香りが特徴で、やわらかな口当たりと甘みのあるしっかりとしたコクが楽しめるコーヒーです。

「パダマラン農場」は、1973年より日本のレギュラーコーヒーメーカー「キーコーヒー株式会社」が開拓したコーヒー農場です。火山性の土壌がコーヒー栽培に適しており、2009年にはレインフォレスト・アライアンス認証を受け、環境・社会にも配慮した栽培が行われています。

 

ハワイコナ グリーンウェル農園

f:id:mrespresso:20201221201026j:image

発売日:2015年7月14日
価格:300円(税込)

世界のコーヒー生産量のわずか1%以下のハワイコナコーヒーを使用しています。香ばしさの中にも、ほどよい酸味と甘みを感じる、すっきりとした味わいのアイスコーヒーです。

 

琥珀色の宝石 パナマゲイシャコーヒー

発売日:2015年6月2日
価格:400円(税込)

ローソン40周年記念商品

先着20名

希少な「ゲイシャ」種のシングルオリジンコーヒーを数量限定で発売します。

 

2014年

ジャマイカ ブルーマウンテン

発売日:2014年10月7日(火)
価格:180円(税込)

第5弾 

1店舗あたり約20杯限定の販売となります。

ジャマイカのブルーマウンテン山脈の限られた地域で栽培された豆を100%使ったコーヒーは、甘味・酸味・苦味のバランスがよく、香りも高いことが特徴です。

 

エチオピア モカ

発売日:2014年7月1日(火)
価格:216円(税込)

第3弾

アイスコーヒー。

華やかでフルーティーな香りを楽しめます。コーヒーの発祥地とされているエチオピアの厳選されたモカを使用し、モカ本来の香りや味わいを最大限に生かす焙煎法を経て、抽出されているのが特徴です。

 

ノッサ・セニョーラ農園

発売日:2014年5月27日(火)

第2弾 

約1ヶ月の期間限定で発売します。

この農園は、ブラジルのカフェNo.1に輝いたこともある「オクタヴィオ・カフェ(サンパウロ)」も経営し、品質の高いコーヒーを生産、提供することで有名です。

くるみのようなほろ苦さと後口のキレの良さが特徴のコーヒーです。

 

イパネマリザーブ

f:id:mrespresso:20201221201533j:image

発売日:2014年5月20日(火)
価格:216円(税込)

第1弾 

取組農園のイパネマ農園(ブラジル)で採れた「イパネマリザーブ」です。

農園の品質鑑定士が選りすぐり、通常は販売せず農園を訪れるスペシャルゲストをもてなすために取り置く(リザーブする)ものを、「MACHI caféシングルオリジン」として特別に販売いたします。

控えめな苦味と、熟したプラムのような甘みと酸味が特徴です。

大変希少なため1店舗あたり20杯限定での販売になります。

 

※ 画像はすべてローソンホームページ、ローソンTwitterよりお借りしました

 

 

MACHI café (マチカフェ) 注文の仕方

セルフサービスのカウンターコーヒーが多い中、ローソンではほとんどのお店が 店員さんがサーブしてくれるフルサービスとなってます。

シングルオリジンが置いてある店舗は限られています。

f:id:mrespresso:20201221234442j:image

カウンター上のパネルか、メニュー表に商品名があるか確認しましょう。

ホットの場合

  1. レジで注文&料金を払う
  2. 店員さんがコーヒーを抽出して持ってきてくれる

アイスの場合

  1. レジで注文&料金を払う
  2. 店員さんがコーヒーを抽出して持ってきてくれる

ホットでもアイスでも同じです。

 

まとめ

コンビニコーヒーのクオリティも素晴らしいです。

ローソンマチカフェ シングルオリジンシリーズのコーヒーは期間限定で数量も限られているようなので、はじまったらすぐに行くのがよろしいと思われます。

貴重な体験を、手軽に♪