旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフとその他モロモロ

7/20発売のローソンウチカフェの爽溶けチーズテリーヌと栗堪能モンブランを食べた感想【コンビニ】


ローソンの“ご褒美スイーツ”シリーズ「ウチカフェ スペシャリテ」から2品登場♪

f:id:mrespresso:20210722225053j:image

早速買ってきました〜。

Uchi Café Spécialité 爽溶けチーズテリーヌ(レモンゼスト入り)

f:id:mrespresso:20210722224454j:image

爽やかにレモンを感じる口どけなめらかな食感のチーズテリーヌです。クリームチーズに国産レモンを加えて湯煎焼きで丁寧に焼き上げました。レモンゼスト入りでほろ苦さと食感にアクセント。

価格:270円(税込)
発売日:2021年7月20日

【原材料名】

 クリームチーズ(オーストラリア製造)、乳等を主要原料とする食品、卵、砂糖、レモンピューレ、マーガリン、油脂加工食品、レモン内皮ペースト、レモン風味ペースト、レモンゼスト、ゼラチン、食用油脂、バニラペースト

【栄養成分】

  • エネルギー 183kcal
  • たんぱく質 3.2g
  • 脂質 13.5g
  • 炭水化物 12.4g
  • 食塩相当量 0.17g

【食べた感想・レビュー】

f:id:mrespresso:20210722224505j:image

“爽溶け”は“さわとけ”と読みます。

以前の『麗溶けテリーヌ』より焼き色が少ない、というかほぼ無い。

f:id:mrespresso:20201029214420j:image

(↑麗溶けテリーヌ)

f:id:mrespresso:20210722224517j:image

口溶けが滑らか〜。

“さわどけ”というだけあって、結構柔らかい食感。

もうちょっとねっとりしていてもいいな。

味は柑橘のいいところが詰まってる感じ。

ほろ苦さがアクセントになっていて 大人味に仕上がっています。

f:id:mrespresso:20210722224531j:image

ところで、レモンゼストってなんだろう?

ゼスト(zest)とは

ゼストはレモン、オレンジ、シトロン、ライムなどの柑橘類の、ワックスがけしていない色付いた外皮をこそげとったり切り取ったりして作る食材である。ゼストは食べものに風味付けするために用いられ、このプロセスを英語で「ゼストする」"zest"という。

Wikipediaより引用

意外にゼストの渋酸味が効いてます。

 

Uchi Café Spécialité 栗堪能モンブラン(メレンゲ仕立て)

f:id:mrespresso:20210722224544j:image

上から下まで栗感!栗の深みを感じるマロンクリームを1口目から楽しめます。スポンジにも栗を使用。一番下にはマロン風味チョココーティングメレンゲを重ねサクサク食感で飽きずに楽しめます。

価格:320円(税込)
発売日:2021年7月20日

【原材料名】

マロンペースト(栗、砂糖調整品、砂糖)(国内製造)、乳等を主要原料とする食品、糖類(砂糖、水飴)、卵、白こしあん、カスタードクリーム、チョコレート、ショートニング、牛乳、小麦粉、バター、食用植物油脂、マーガリン、食用乳化油脂、ゼラチン、粉糖(砂糖、でん粉、植物油脂)、デキストリン、調味エキス、還元水飴、乳蛋白

【栄養成分】

  • エネルギー 237kcal
  • たんぱく質 2.9g
  • 脂質 12.8g
  • 炭水化物 28.1g
  • 食塩相当量 0.09g

【食べた感想・レビュー】

f:id:mrespresso:20210722224558j:image

モンブランの渦の部分と下のエアリーなシャリシャリパートが合わさって さっぱり食べられる。

f:id:mrespresso:20210722224609j:image

ずっしり系ではなくて 軽く食べられるモンブランでした。

f:id:mrespresso:20210722224619j:image

断面。

f:id:mrespresso:20210722224639j:image

栗を堪能させていただきました。

 

まとめ

テリーヌは夏らしく爽やかなスイーツでした。

モンブランはなんとなく秋のイメージがあるんですけど、夏でも美味しく食べられる食感でした。

ちなみにこのモンブランは“新商品”だと思ってたんですけど、マイナーチェンジくらいなのかな?

スペシャリテシリーズでモンブランは『栗堪能モンブラン』と『栗満ちモンブラン』が出てますが、栗堪能モンブランとほぼ一緒じゃないかと思われます。

美味しかったから、いっか。