旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフとその他モロモロ

チョコレート専門店ミニマルと丸山珈琲コラボの食べるコーヒー


ギリギリで購入できたコラボチョコレートがあります!

本当は2種類買いたかったのですが、時すでに遅しで1つは完売していました。

ミニマル そして丸山珈琲パワーの凄さを思い知りました。

ミニマル×丸山珈琲 食べるコーヒー

ビーントゥーバー(Bean to Bar)チョコレート専門店・ミニマル(Minimal)と、軽井沢の名店「丸山珈琲」のコラボレーションによるコーヒーチョコレート「食べるコーヒー」第2弾が登場。

今回は、ニカラグアのシングルオリジンカカオ豆から絞ったカカオバターと、ニカラグアのシングルオリジンコーヒー、同じ産地の豆同士を合わせるという新たな試み。

カカオバター、コーヒーの分量など、配合する濃度を1%単位で調整し試食を重ねて、二人のプロフェッショナルが納得のできる香り、味わいを追求した結果、最終的に「カフェラテ(コーヒー5%)」「マキアート(コーヒー15%)」と2種類が仕上がりました。

価格:1枚 1,600円(税抜)

※丸山珈琲限定200枚(各種100枚ずつ)

 

カフェチョコ カフェラテ

ホワイトチョコレートのミルキーな味わいとコーヒーを生かしたコーヒー5%の「カフェラテ」

  • カフェラテのような風味
  • カフェラテのような心地よいミルクの甘味とコーヒーのバランス
  • キャラメルのような香り

 

カフェチョコ マキアート

コーヒーの味わいがより強調されたコーヒー15%の「マキアート」

  • マキアートのような風味
  • マキアートのような深いコクと心地よい余韻
  • ローストアーモンドのような香り

 

購入メモ

カフェチョコ マキアート

f:id:mrespresso:20210206222744j:image

いつものミニマルパッケージ、ここに丸山珈琲のマークが入って、テンションあがります。

f:id:mrespresso:20210206223113j:image

チョコはフルーティーな香りがします。

一口食べると…ミニマル特有のザラッと感より もっとジャリジャリとした食感。

かなり深煎りのコーヒーを使用してるのかな?

f:id:mrespresso:20210206223129j:image

今回のコラボチョコ、当初はコーヒー5%と8%の比率のチョコレートで行く予定だったけど、繊細すぎる違いなので12%、15%、20%と作って、15%に決まったそうです。

そのおかげで、かなりコーヒーのロースト臭が強くなって、なかなか個性的に仕上がっていました。

f:id:mrespresso:20210206223210j:image

「食べるコーヒー」というのがわかる、本当にコーヒーを食べているような気になります。

エスプレッソに使用するくらいの細かい粉が入ってるんじゃない?と思っちゃいました。

この食感が、どうでるかなぁ?好き嫌いが分かれそうです。

 

まとめ

すでにオンラインではマキアートしか残っておらず、ミニマルでの販売開始を待とうかと思いつつ 1枚だけでも手に入れたくて 丸山珈琲でマキアート購入。

f:id:mrespresso:20210206223155j:image

結果、のちに発売されたミニマルでは5分で完売していたようなので 1枚だけでも手に入れられてよかったです。

あ〜、でも、カフェラテと食べ比べしたかったなぁ。