旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフとその他モロモロ

コンビニで気軽にナッツバー♪4/7発売ビーカインドは美容や健康を意識する人におススメ

コンビニで こんなお洒落なナッツバーを発見したよ。

 

ナッツバーがネクストトレンドに

世界的トレンドの発信地である米国では、これまでにも、炭酸水やスムージー、アサイーボウルなどの流行が次々と生まれており、これらに続くグローバルトレンドになりつつあるのが「ナッツバー」です。

ナッツバーは米国ですでにヘルスフード業界の一大カテゴリーとなっていますが、その背景にあるのは「Well-Being」の考え方があるようです。

「Well-Being」なライフスタイルにおいて求められるのは健康意識、食の安全、環境保護などの観点も意識した食の在り方です。

 

BE-KIND (ビーカインド)

ナッツバーカテゴリーのパイオニアであるアメリカのKIND社が展開する、ナッツバーブランドの「KIND(R)(カインド(R))」が日本初上陸。

2004年に米国で発売して以来、英国、フランス、ドイツ、台湾、香港、ロシア、オーストラリア、中東と展開エリアを拡大し続け、現在世界中で人気を博しています。

なお、日本では「BE-KIND(R)(ビーカインド(R))」という名前の取り扱いです。

 

カラダよろこぶナッツバー

f:id:mrespresso:20200408134630j:image

栄養豊富な素材をまるごと使った「カラダよろこぶナッツバー」は、健康とおいしさの両立を目指した、「カラダ」だけでなく「ココロ」にも優しいナッツバーです。

使用している素材はシンプルでありながら、厳選されたものばかり。

ナッツがまるごと使われているので、豊富な食物繊維も摂ることができますし、素材由来のたんぱく質も含まれ、美容や健康を意識する方にもぴったりです。

カカオや蜂蜜などの素材本来の味わいを生かすことで、自然な甘さと豊かな風味を引き出しています。

人工甘味料・着色料を一切使用していないことに加え、低GIのため、罪悪感なくおやつを楽しむことが可能。

食感や食べごたえも抜群、1本で満足感が持続します。

 

ラインアップ

価格:228円(税抜)
発売日:4月7日
取り扱い:コンビニエンスストア(セブン-イレブン:東京から順次拡大、ファミリーマート:全国、ローソン:全国)

※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合があります。
※店舗によっては、取扱いのない場合や、売り切れで販売終了の場合があります。 

ダークチョコレート アーモンド&シーソルト

f:id:mrespresso:20200408134402j:image

ダークチョコと塩味のバランスがよく、ビターな大人味。
食べごたえもそこそこありつつ ライフパフも入っているので適度な硬さ。
アーモンドとピーナッツ。

メープル ペカンナッツ&シーソルト

f:id:mrespresso:20200408134421j:image

メープルとペカンナッツの上品なハーモニーが楽しめます。
適度なメープルの甘味と塩味。こちらも硬すぎず 食べやすい。

これが我が家での1番人気。
ただ袋にくっついて取り出しづらかった。 
ペカンナッツ、アーモンド、ピーナッツ。

キャラメル アーモンド&シーソルト

f:id:mrespresso:20200408134433j:image

アーモンドの香ばしさを塩キャラメルが引き立てる一品。
一番食べごたえを感じたが、塩味も一番感じて少ししょっぱいかなぁ。

たくさん咀嚼するのでかなり満足すると思う。

まとめ

コンビニでの販売なので、職場や自宅の近くで手軽に買えるのが嬉しいですね。

単価はコンビニのアイテムとしてはちょい高め感あるけど機能性やデザイン性、味などトータルでかなり満足できたのでしばらくお世話になりまーす。

jp.bekindsnacks.com