旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフとその他モロモロ

スタバの豆を100gで購入&スターバックスの焙煎度は3段階

エスプレッソ氏が近所のスタバに豆を探しに行きました。

お目当ての豆はなかったのだけど、以前飲んで美味しいと思った豆を買ってきてくれました。

スタバのお豆って250gで売っている印象的強いのですが、実は100gでも買えるのを知っていますか?

好みが決まってる人は量の多いサイズでもいいですが、色んな豆を試したい人は 100gで買えた方がありがたいですよねぇ。

スターバックスの豆 100gでの買い方

f:id:mrespresso:20210213224955j:image
店頭に置いてあるのは250gのパッケージです。

お目当ての豆を探し、そのままレジに持っていき 100gで欲しい旨を伝えると 100g分を別の袋に移して販売してくれます。

また、お豆の前で悩んでいると 空いている時間だとパートナーさんがお豆について説明してくれます。あわせて100gで欲しい旨を伝えておけばOKです。

ちなみにオンラインでは250gのみの販売です。

f:id:mrespresso:20210213225008j:image

初めて知りましたが、250gのパッケージと同じシールを貼ってくれます。
これはかわいくていいですねぇ~。シールを集めたくなっちゃいます。

 

スターバックスのローストの種類(焙煎度)

スターバックスのコーヒーは、焙煎(ロースト)のレベルで3つに分類されています。

マスターロースターが長年の蓄積された経験と技術で、少しずつ異なるロースト時間や温度で焙煎しています。

香り、酸味、コク、風味をお好みの焙煎度から見つけてみましょう。

  • ブロンドロースト:軽やかで穏やかな風味
  • ミディアムロースト:バランスのとれたまろやかで豊かな風味
  • ダークロースト:しっかりとした深みのある力強い風味

f:id:mrespresso:20210213225127j:image

ブロンドローストのメキシコ オアハカ、スターバックスにしては明るい色でした。

 

【購入メモ】スターバックス メキシコ オアハカ

ほのかな甘みを感じる軽やかな味わいのコーヒー

f:id:mrespresso:20210213225820j:image

レモンやドライアプリコット、キャラメルを思わせる風味と、ほのかなダークチョコレートのような後味が特徴のコーヒーです。メキシコ南部に位置する標高の高いオアハカ州で、代々伝わる栽培法から生まれました。

スターバックスホームページより引用

価格:250g 1,620円 / 100g 650円(ともに税抜)

ロースト ▶︎ ブロンドロースト
生産地 ▶︎ ラテンアメリカ
加工方法 ▶︎ 水洗式
キーワード ▶︎ キャラメルやドライアプリコットを思わせる風味
風味 ▶︎ 酸味:MEDIUM / コク:LIGHT
相性のよいフレーバー ▶︎ カスタード ソフトチーズ フレッシュフルーツ

【感想】

メキシコ南部に位置する標高の高いオアハカ州で栽培されたシングルオリジンコーヒー。

スタバには珍しい浅めの焙煎で私好み。メキシコおよび中米水洗コーヒーの主な特徴である「さっぱりとした飲み口」で、ほのかな甘みを感じる軽やかな味わい。

息子も挽きたての豆の香りを嗅いで「いい香り〜」と言っていました。

 

【購入メモ】フードペアリング

w/ シュガードーナツ

f:id:mrespresso:20210213225315j:image

しっとりもっちりとした、シンプルなドーナツ

しっとりもっちりとした生地と、シャリッとしたグレーズの食感をお楽しみいただけます。繰り返し食べたくなる、あきのこない味わいです。ご自宅でのコーヒータイムがさらに彩り豊かになるTOGO(お持ち帰り)もおすすめです。

スターバックスホームページより引用

価格:230円(税抜)

f:id:mrespresso:20210213225345j:image

軽めのグレーズドでサクッと食べられちゃう。

 

まとめ

スターバックスのコーヒー豆は個人的には深煎りだなぁと感じているので めったに買うことがないのですが たまに買うと新たな発見があって面白いですね。

f:id:mrespresso:20210213225511j:image

ということで、100gで色々試してみて シールを集めてみようかと思います(収集癖!)

ちょっとずつ試したい方、ぜひ一緒にシールを集めましょう♪