旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフとその他モロモロ

母の日のケーキは元キハチシェフの店 セラセゾンのトライフル♪(相模原)

5月10日は母の日でしたね。
息子がカーネーションを選んでくれました♪
お花のある生活、いいですね。

f:id:mrespresso:20200512110820j:image

朝はクロックマダムとカルディのドリップバッグ。
カルディのドリップバッグは1つずつ買えるのがいいですよね、今回もパケ買いしてしまいました。

f:id:mrespresso:20200513140039j:image

左:キリマンジャロ カラツ農園

右:エチオピア モカ イルガチェフェ ナチュラル

こちらは“ありがとう”と“感謝の気持ち”のメッセージ付きで記念日にもってこいです。

それにしても、母の日まで自粛生活だなんて想像もしてませんでした。
やだー、生菓子食べたーーーい。

ということで、エスプレッソ氏が美味しいケーキを買ってきてくれました。

C’est la Saison! セ・ラ・セゾン!

f:id:mrespresso:20200512111720j:image

C’est la Saison!(セラセゾン!)はフランス語で「今が旬!」という意味で、その店名の通りお店には旬のフルーツをふんだんに使ったフレッシュなケーキが並んでいます。

一つ一つが大きくて 食べ応えがあるものの さっぱりしていて あっとゆーまに平らげてしまいます。

何度か買った事がありましたが、ブログにするにあたり 調べていたら オーナーシェフは元KIHACHI製菓長の清水康生さんで、あの有名な「キハチトライフルロール」の考案者の方でした。

つい最近 ファミマのキハチ監修トライフルロールを食べましたが、そうか 地元でキハチトライフルが堪能出来たのか!

旬のフルーツをふんだんに使ったロールケーキとして1番人気で、遠方からもこのケーキを求めてくるお客さんもいるそうです。

住所:神奈川県相模原市矢部1-14-8

 

購入メモ

トライフル

価格 ¥500(税抜)

f:id:mrespresso:20200512111155p:image

本日の本命。
ケーキの厚さは3cm越え。高さは測り忘れましたが とにかく大きい。
フルーツもゴロっと入っていて、ホイップは軽め カスタードはしっかり目の甘さ。
スポンジはしっとり。

 

苺ショート

価格 ¥540(税抜)

f:id:mrespresso:20200512111224p:image

フワッと軽い甘さ。滑らかな口溶け。
ケーキの横道、苺ショートがただただ美味しくて。
スポンジはしっとり柔らかめ。

 

苺ロール

価格 ¥600(税抜)

f:id:mrespresso:20200512111251p:image

こちらもトライフルと同じく大きくてボリュームたっぷり。
ピンクのクリームはちゃんと苺味。
中にも苺がたっぷり。

 

木苺とクリームチーズのクラフティ

価格 ¥460(税抜)

f:id:mrespresso:20200512111320p:image

木苺が酸っぱすぎて息子は泣きましたが笑 この木苺の酸味とアメリカンチェリーの甘さがたまらんのよー。
タルト生地は硬くなくて、どちらかといえば薄目で柔らかめ。
プリンタルトのような感じで、所々現れるクリームチーズに個性を感じる。

クラフティ(仏: clafoutis)は、フランスのリムーザン地方の伝統菓子。

タルト型にタルト生地を敷いて中にサクランボを並べ、鶏卵、牛乳、生クリーム、砂糖、小麦粉を混ぜた生地で覆って焼き上げた、果物入りカスタードプディングのような菓子である。

Wikipediaより引用

 

まとめ

f:id:mrespresso:20200512111751p:image

こちらのケーキ屋さん、とにかく人気で クリスマスケーキは早めに予約しないと希望のサイズがなくなっちゃうんですよね。

基本は苺ショートが大好きですが、あれもこれもと試したくなるから困りますねぇ。
母の日ということで、結構人が並んでいたそうですが、店内の人数制限をしていたり 間隔をあけて並ぶ指示があったりと、お店の方も工夫されていました。