旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフとその他モロモロ

バリスタ監修商品を探してみた

新しくなった「MOW(モウ) エチオピアモカコーヒー」は、2019年 ジャパンバリスタチャンピオンシップ(JBC)優勝の石谷貴之さんが監修だって?!ザワザワ。

アラタナ バリスタ ガ アラワレタ

JBCの常連 石谷さんがついに商品を監修しました。

ということで、今まであったバリスタ監修の商品をまとめてみました。どうぞ。

f:id:mrespresso:20200622221726p:image

マクドナルド プレミアムコーヒー

まずは 「バリスタ監修」と聞いて1番初めに思い出すのはマックのコーヒーですよね。

f:id:mrespresso:20200622153305j:image

(画像はマクドナルドホームページよりお借りしました)

“「世界一のバリスタ」井崎英典氏が監修しました”とCMで流れてましたよね。

井崎さんは2014年ワールドバリスタチャンピオンシップ優勝した実績があります。

井崎 英典 (いざき ひでのり)

【競技実績】

2012年 ジャパン バリスタ チャンピオンシップ 優勝

2013年 ジャパン バリスタ チャンピオンシップ 優勝

2014年 ワールドバリスタ チャンピオンシップ 優勝

【監修】

  • 2017年「プレミアムローストコーヒー(ホット)」
  • 2018年1月「カフェラテ」
  • 2018年5月「プレミアムローストアイスコーヒー」

2016年、フィラデルフィアクリームチーズを使ったエアーチーズケーキのプロデュースも行っていました。

 

ダイドードリンコ 缶コーヒー

古くはダイドーさんですよね。

2014年から「ダイドーブレンド 世界一のバリスタ監修」の缶コーヒーシリーズを出しています。

アメリカ国籍のピート・リカータさんです。

Pete Licata (ピート・リカータ)

【競技実績】

2013年 ワールドバリスタ チャンピオンシップ 優勝

 

ロッテ バリスタプレミアムシリーズ

飲み物ではなくお菓子の監修、2019年。

丸山健太郎さんのキャラが立ち過ぎていて、他の方が薄れそうですけど、丸山珈琲の皆さん 色々大会で輝かしい成績をおさめています。鈴木樹さんはJCBで3回優勝されてます。

マックコーヒー監修の井崎さんも もともとは丸山珈琲の方です。

鈴木 樹 (すずき みき)

【競技実績】

2010年 ジャパン バリスタ チャンピオンシップ 優勝

2011年 ジャパン バリスタ チャンピオンシップ 優勝

2016年 ジャパン バリスタ チャンピオンシップ 優勝

2017年 ワールド バリスタ チャンピオンシップ 準優勝

【監修】

  • バリスタプレミアムシリーズ チョコパイ
  • バリスタプレミアムシリーズ チョココ
  • バリスタプレミアムシリーズ アーモンドチョコレート

www.coffeelab.work

www.coffeelab.work

 

江崎グリコ ビッテ

監修ではなく認定ですが…トップバリスタ認定コーヒー専用ショコラ。

さっくり食感のビスケットに濃密な味わいのクリームをはさみ、たっぷりのチョコレートで包まれた贅沢サンドショコラです。

トップバリスタ横山千尋が推奨!

こだわりのコーヒーには、コーヒー専用チョコレート「ビッテ」がおすすめです。

チョコレートの濃厚な味わいが楽しめるBitte(ビッテ)には、コーヒーが持つ香りの成分が含まれるため、互いのおいしさを優雅に引き立て合うことができるのです。

上質なコーヒータイムにはビッテをどうぞ。
コーヒーを知り尽くした私が自信を持っておすすめします。

江崎グリコホームページより引用

横山 千尋 (よこやま ちひろ)

横山さんは日本人として初めて、バリスタの国際大会に出場された、日本におけるバリスタの草分け的存在。

バール・デルソーレのバールマンとして日々勤めながら、各種セミナーやメディア出演、催事などによりイタリアバールの普及と後進の育成に取り組んでいる。

【競技実績】

2002年 第1回 ジャパン バリスタ チャンピオンシップ 優勝

2002年 ワールド バリスタ チャンピオンシップ 出場

2004年 ジャパン バリスタ チャンピオンシップ 優勝

 

森永乳業 MOW アイス

飲み物ではなくアイス、2020年。

f:id:mrespresso:20200622153325j:image

(画像は森永乳業ホームページよりお借りしました)

「MOW(モウ) エチオピアモカコーヒー」は、2019年のジャパンバリスタチャンピオンシップ優勝の石谷貴之さん監修。

華やかな香りが特徴のエチオピアモカを100%使用した、シングルオリジンコーヒーアイス。

エチオピアモカ本来のコクと香りを追及するために、抽出方法が異なるコーヒーエキス2種と、微粉砕したコーヒーの3種類の原料がブレンドされています。

芳醇な香りが特長の中煎りコーヒーを増量し、コーヒーとミルクのおいしさが引き立つ、絶妙なバランスを追求して仕上がりました。

石谷 貴之 (いしたに たかゆき)

2005年にバリスタの世界へ飛び込み、約7年後の2012年に独立。フリーランスバリスタ・TAKA ISHITANIとして活動がスタート。

現在は、バリスタのトレーニングやスタッフ育成、店舗の立ち上げやオペレーションなど、コーヒーのコンサルティングを手掛ける。イベント・セミナー開催など幅広く活動中。

N.Y発のサーフブランド Saturdays NYC TOKYO(代官山)のコーヒーのディレクションを行い、自らも店舗に立つ。

【競技会実績】

2017年 ジャパン バリスタ チャンピオンシップ 優勝

2018年 ワールド バリスタ チャンピオンシップ 出場

2019年 ジャパンバリスタチャンピオンシップ 優勝

2020年11月 オーストラリア・メルボルンで開催される世界大会(WBC)出場予定

【監修】

2020年6月22日 MOW(モウ) エチオピアモカ リニューアル

 

ジャパン バリスタ チャンピオンシップとは

Japan Barista Championship (JBC)は、コーヒーの競技会として日本スペシャルティコーヒー協会主催にて開催されてきました。

競技は「エスプレッソ」を通じた評価が基本となり、決められた制限時間の中で3種類のドリンクを提供し、味覚評価だけでなく、その過程を含めて提供するまでの全ての作業内容の適切性、正確性、一貫性などが評価されます。

競技会のルールはバリスタ チャンピオンシップの世界大会であるWorld Barista Championship (WBC) に則り決められており、JBCの優勝者はWBCへ日本代表として参加してます。

 

まとめ

うっかりシャトレーゼのチョコバッキーを買ってしまった午後3時。

今日(22日)から新しくなったモウが発売だったよ〜、モウ〜。

という締めはいかがでしょうか?