旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフ

カカオハンター×コーヒー04 コロンビア100%

どもども。またまた間が空いてしまいました。

さて、カカオハンター食べ比べ第4回目ですよ。
第1回

第2回

第3回

www.coffeelab.work

せっかくブログに載せるんだからと器選びが楽しくなってきました。いつも同じカップ、同じお皿な事が多いけど、ちゃんと選ぶのっていいね。

でも、新しいのが欲しくなってきちゃって…物欲の秋…うずうず。

この日のチョコとコーヒー

f:id:mrespresso:20191031104057j:image

チョコ

コロンビア100%

f:id:mrespresso:20191031104121j:image

さすが100%!なかなかの苦さ。この苦さがポリフェノールか…果たしてこのまま食べ進めていいのか?と思い途中で終了。

ちなみに砂糖は不使用です。

カカオの品種の宝庫コロンビア。その中でも、華やかでまろやかな香り、やわらかな苦味のカカオを選び、数種類ブレンドしまた。砂糖を加えずカカオだけで紡ぎあげた芳醇な香りをお楽しみ下さい。

 

コーヒー

スターバックスリザーブ ケニア ウカンバニ

f:id:mrespresso:20191031104137j:image

今日はメリタのダブルウォールグラスでコーヒーを淹れてもらいました。スタバのパッケージとよくあってるなぁ。

スタバのケニア  ウカンバニは中目黒のリザーブロースタリーでしか販売していないお豆。友人におすそ分けしてもらいました。ローストによるビター感と甘く芳醇な香り。柑橘系の酸味もしっかり感じられ美味しいです。

f:id:mrespresso:20191031104151j:image

途中でミルクを投入。

 

まとめ

やはり カカオ100%をそのままいただくのはハードルが高かったので(そもそも食べないのかな?笑) 美味しい食べ方を検索してみました。

ミルクに入れる、ココアに入れる、カレーに入れる。この辺りが簡単に出来そうですねぇ。

もちろんお菓子の材料として使って パウンドケーキやブラウニーなんて焼けたら素敵なんですけど お菓子作りはハードルが高すぎる!

ちょうど翌日のお昼はカレーにしようと決めていたので好都合だ!検索していたらチョコを溶かすのに レンジでカレーを温めながらとあったので ひとかけ入れてみました。まずはそのまま味見、そしてチョコを溶かして再度味見。たしかに甘ビターなコクが増えたが、ごく少量でもチョコレート感が結構出るので調整が難しいっ。一人分なら1.5cm角くらいのサイズで十分という結論に。

ということで、カカオ100%は食材として利用するのがベスト。