旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフとその他モロモロ

チョコレート専門店ミニマルの板チョコで食感の違いを堪能♪

生産国とか加工方法とかフレーバー表現とか、コーヒーとカカオって似てるとこが結構あります。

ということで最近よくチョコレートの専門店に行くエスプレッソ氏。

もちろん、お土産にチョコを買ってきてくれましたー♪

Minimal bean to bar

ミニマル ビーン トゥー バー

【富ヶ谷本店】東京都渋谷区富ヶ谷2-1-9

f:id:mrespresso:20200928221012j:image

Minimalのチョコレートは余分な添加物を使わず、「豆に砂糖を加えるだけ」という必要最小限の成分でつくられます。

f:id:mrespresso:20200928221555j:image

店内に飾られてます。

コーヒーでいうフレーバーホイールのようなカラフルさ〜。

f:id:mrespresso:20200928221047j:image

Minimalはチョコレートを甘いばかりの「おやつ」ではなく、ブランドやデコレーションを愉しむ「高級品」でもなく、ライフスタイルに豊かな彩りを与える「嗜好品」に変えていきたいと考えています。

今回は富ヶ谷本店に。

f:id:mrespresso:20200928221132j:image

店内にはカンター席があり、外にはベンチもあります。

コンクリ打ちっぱなしがカッコいい。

f:id:mrespresso:20200928221149j:image

ガトーショコラやカカオニブスナック、チョコレートフレークなど販売されてます。

f:id:mrespresso:20200928221201j:image

チョコレートアイスも美味しそう♪

f:id:mrespresso:20200928221215j:image

板チョコレート一覧。

このご時世もあり、店員さんとお客さんとの間には透明な仕切りがあるものの、チョコレートについて丁寧に分かり易く説明をしてくれたそうです。

コロナ対策がされた中で試食も出来たそうですよ〜。

コーヒー好きな店員さんで、各チョコレートに合いそうなコーヒーの話にもなり有意義な時間を過ごせたみたい。

オンラインも便利だけど、やっぱり対面で話しながら購入出来るのも醍醐味ですね。

f:id:mrespresso:20200928221228j:image

右側の'Arhuacoはインターナショナル・チョコレート・アワード(ICA)2019年Plain/origin bars部門のRough groundにて金賞を受賞しました。

 

購入メモ

'ARHUACO (アルアコ)

数量限定
f:id:mrespresso:20200922222151j:image
カカオ産地:コロンビア

カカオ割合:65%

【特徴】

特別なカカオや製法でお作りしているプライムラインです。
コロンビア アルワコ族のカカオ豆のシングルオリジンチョコレートで、焼き方と濃度の調整で、複雑で柔らかく味わい豊かな風味を引き出しました。

【味わい・香り】

マスカットのような清々しい風味。

白い花のような香りと、赤ぶどうのような味わい。

 

いざ、実食!

このカットが特徴的です。

f:id:mrespresso:20200922222242j:image

某 大手チョコレートもこーゆーカットのを作ってますが、ミニマルがはじめました。

f:id:mrespresso:20200922222405j:image

チョコレートの形や大きさの違いで、口の中で感じる味や食感の違いを楽しみます。

f:id:mrespresso:20200922222312j:image

まずは大きめなピースを食べてみる。

食感はザラっとした感じで若干粗め、粉砂糖を食べたようなホロホロ感。白ワインのような香りが口中に拡がります。

小さいピースを食べると よりフルーツっぽい濃厚な感じ。大きなピースを食べた時とまた違う食感。ピースの違いでこんなに味が変わるんだ〜。

 

まとめ

f:id:mrespresso:20200922222509j:image
上質なチョコレート、美味しい。

このフルーティーなチョコレートは、ちょこっとずつ食べたくなるクセになる味。

でも、ついつい手が伸びてしまう 大小様々なピース。止まらないっ。