旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフとその他モロモロ

猿田彦珈琲のチルドコーヒーとコーヒーカステラ

とうとう見つけました!猿田彦珈琲のチルドタイプコーヒー2種類♪

南関東のスーパーから販売がスタートしたそうで、エスプレッソ氏の会社は横浜市なので毎日東急をチェックしてもらってましたが見当たらず。

実は地元のオオゼキに売っていました〜。駅の反対側なので行ったことがなかったのですが、あまりに見つからないので確認したらありました、えへ。

猿田彦珈琲のチルドコーヒー

f:id:mrespresso:20210403221621j:image

ブラックとラテ、2種類の展開です。

お店で提供しているコーヒーに限りなく近い美味しさを実現させるために、コーヒー豆、焙煎、抽出製法の全てをこだわり抜きました。ボトル充填後に冷蔵温度帯で管理されるチルドコーヒーならではの、フレッシュな風味もお楽しみ頂けます。お店にご来店できないお客様にも、猿田彦珈琲のコーヒーを自宅やオフィスで気軽に楽しんで頂ければ嬉しいです。

猿田彦珈琲ホームページより引用

猿田彦珈琲らしい落ち着いたブラウン×ゴールドの配色。リキャップもできるので持ち運びにも便利だしオシャレです♪

ただ、商品説明や一括表示など若干文字が読みづらく感じました(特にラテの方)

滑らかな飲み心地を楽しめるように広い飲み口のタイプのボトルになっています。

f:id:mrespresso:20210403222019j:image
色味の確認の為にグラスに注ぎましたが、残りはボトルのまま頂きました。

香りも程よくはいってきて 飲み心地がよかったです。

内容量はどちらも235ml。

この形はほとんどみかけないので参考までに有名どころのチルドの容量&お値段と比較しましょう。

  • スターバックス チルドカップ カフェラテ 200ml 200円
  • 森永マウントレーニア カフェラッテ 240ml 150円

容量はマウントレーニアと同じくらい、十分な量ですね。価格はスタバと同じ感覚です。こだわり派の方向けかな。

 

キリッとBLACK ブラックコーヒー(無糖)

f:id:mrespresso:20210403221706j:image

発売日:2021年3月22日(月)
価格:220円(税抜)

自社で調達したグアテマラ、ケニアを始めとした5ヶ国のコーヒー豆を深煎りでローストし、スペシャルティコーヒーが醸し出すダークチョコレートやダークチェリーのような良質な香りをお楽しみいただけます。

f:id:mrespresso:20210403221947j:image

ん〜、爽やか!

ちゃんとしたお店で出されるアイスコーヒーのように、滑らかな口あたりとブラックならではの重厚な質感。

ブラック無糖だけどフルーティーさもあって、後味もスッキリで美味しい。

良いコーヒーを使っているのがわかる〜。

スッキリしてるけどしっかり味もあるから、これに牛乳入れてもコーヒーが負けないかも?なんて素人ながらに考えてみたり。

エスプレッソ氏の感想は「デーツなどドライフルーツ系やチョコレートっぽい風味に滑らかな質感があり、濃いめの味だけどスッキリさもあり玄人受けしそうな味」だそうです。

 

真心SWEET カフェラテ(加糖)

f:id:mrespresso:20210403221720j:image

発売日:2021年3月22日(月)
価格:240円(税抜)

スペシャルティコーヒー専門店として培った知見を生かし、ミルクを最大限に引き立てる焙煎度合いやブレンド配合にこだわり抜いたカフェラテです。
ブラジルとエチオピアの豆をローストし、キャラメルやナッツがふわりと香る優しいフレーバーと、ミルクの滑らかさ、上品で程よい甘さをお楽しみいただくことができます。

f:id:mrespresso:20210403221815j:image

一口目に甘さが結構くるけど、スッと飲めて後味はスッキリ。ほのかにお砂糖のような甘い余韻があります。

エチオピアっぽさもわかる〜(少しは味覚を鍛えられているみたい♪)

キャラメルやナッツっぽさの他に、小豆っぽく感じるのは加糖だからかな?

最近、無糖や微糖が多くなってる印象だけど、あえて最近の流行に乗らない加糖。個人的にはもう少し甘さ控えめでもいいなぁ。

疲れた時に飲みたくなる甘さ。

 

フードペアリング

w/ 猿田彦珈琲のコーヒーかすてら

先日は猿田彦監修綾鷹カフェ抹茶とあわせて実食してましたが、チルドタイプコーヒーの為に少しカステラを残してました〜。

f:id:mrespresso:20210403221746j:image

ブラックとラテ、どっちの飲み物があうかなぁ。
カステラ自体甘いし ブラックがおすすめかなと思ったけど、意外や意外、ラテでもあう。
でもやっぱりブラックがおすすめかな。

 

まとめ

f:id:mrespresso:20210403221926j:image
お値段はスターバックスチルドと同じ感覚なのですが、カフェクオリティの飲み物と考えるとリーズナブルです。

まだ取り扱い店が少ないようですが、みかけたら試してみて下さい♪

最近 猿田彦さんの名前を色々な所で聞きますね。

今はローソンでドリップバッグも買えるんですよ、どんどん市場を拡大しそうですね。

これからも目が離せないです!