旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフとその他モロモロ

パティスリーのモンブランが食べたくて@メゾンジブレー

コンビニのモンブランもなかなかレベルが上がってるんですけど、たまにはケーキ屋さんで「モンブラン下さい」って言ってみたくて、出先のパティスリーで購入しちゃいました。

MAISON GIVRÉE(メゾン ジブレー)

オーナーシェフ:江森 宏之

パティスリー「ベルグの4月」、アイスクリームケーキ専門店「グラッシェル」でシェフパティシエを務め、2015年のミラノ万博で開かれたアイスクリームとチョコレートのワールドカップでは日本代表チームキャプテンとして優勝しました。

この方のお名前をはじめて拝見したのは『ジョブチューン』で“ローソンイチ押しスイーツ”をジャッジするコーナーでした。

メゾンジブレーの本店が中央林間にあるのを知って、あら意外にご近所じゃなーいと、そのうち行ってみようと思っていた所、出先のグランベリーパークに支店を発見!しかも入り口の看板に“モンブラン”の文字!

f:id:mrespresso:20201103221846j:image

(10月上旬だったのでハロウィンまっさかりでした)

これはモンブランを買えって事ねと導かれるように購入。その他 おいしそうなやーつも買っちゃいました。

グランベリーパーク店

f:id:mrespresso:20201103221933j:image
〒194-0004 東京都町田市鶴間3-3-1
グランベリーパークステーションコート 1階 B104

f:id:mrespresso:20201103222358j:image

美味しそうなケーキがたくさん。

f:id:mrespresso:20201103223108j:image

焼き菓子も豊富。

f:id:mrespresso:20201103223118j:image

ハロウィン時期だったので 家や本型の箱が用意されていて お土産にもぴったりでした。

 

購入メモ

熟成和栗モンブラン

f:id:mrespresso:20201103221946j:image
680円(税抜)

愛媛県産の和栗をゆっくり熟成させ、栗本来の甘味を引き出しました。メレンゲ、生クリーム、栗クリームの組み合わせ。

大きい!食べたいとは思っていた物の、他にも買いたいし…と若干躊躇しましたが、初志貫徹でお買い上げ。

f:id:mrespresso:20201103221954j:image

土台はメレンゲとミルクチョコレート。

パリっとシャリっとした食感。

大きさの割にサラッと食べられる。

和栗のモンブランってずっしりなイメージありますが、こちらは全体的に軽い印象。

 

フリッソンルージュ

f:id:mrespresso:20201103222009j:image

メゾンジブレーの定番商品のひとつ。

まず初めに、商品名の「鮮烈な赤」という意味通り、鮮やかな色合いに目を奪われます。

ピンクがキレイ♪

ロール部分は赤い果実を散らしたビスキュイ生地、果実の点々がヒョウ柄のようでかわいい。

f:id:mrespresso:20201103222020j:image

トップはいちごとホワイトチョコレートのピンク色クリーム。

中のムース部分はヨーグルトのような、レモンのようなサッパリ。

中にいちごのゼリーも入ってい、全体的に苺とラズベリーの酸味がきいてます。

柔らか系のスイーツなので 断面を見せようとカットしてたら崩れてしまいました。

 

ジブリー

f:id:mrespresso:20201103222039j:image
480円(税抜)

レアチーズとベイクドチーズが二層になった柔らかいチーズケーキ。

f:id:mrespresso:20201103222052j:image

口の中でとけていきます。

土台部分のベイクドチーズはクセがなくて適度なチーズ感、上のレアチーズ部分はふわっととけていきます。

ミルキーで柔らかで、とにかく美味しい。

 

まとめ

モンブランが食べたいと思って購入したんですけど、結果 “ジブリー”が1番気に入りました。

ベタなショートケーキやシュークリームも美味しそうだったなぁ。

f:id:mrespresso:20201103222314j:image

そうそう、ジェラートも売っていたんですが、ビジュアルのインパクト大でした。

f:id:mrespresso:20201103222209j:image

ドーーン。

アスパラが刺さってる!左下はティラミスです。

寒くなってきましたが、食べてみたいです〜。