旅するエスプレッソ

気ままに綴るコーヒーライフとその他モロモロ

無印ミールキット『焼き野菜とタンドリーチキン』を作ってみた♪メリットとデメリット


無印の冷凍食品のラインナップが増えてました。

その中でも気になるミールキットを購入してみたので、ラインナップを紹介しつつ 購入したキットの作り方と感想をまとめてみました。

無印良品 フライパンでつくるミールキット

(1人前)

フライパンで10分で調理ができるミールキットです。具材とソースを合わせるだけで簡単にできあがります。

各 350円(消費税込) 

ラインナップ

  • 鶏肉の煮込みデミグラスソース 185g
  • 鶏肉のタイ風ココナッツミルク煮 160g
  • 鶏肉とねぎの山椒焼き 170g
  • 焼き野菜とタンドリーチキン 160g
  • 鶏肉とカリフラワーのレモン煮 160g
  • 彩り野菜と鶏肉のトマト煮込み 175g
  • 豚肉と野菜のガーリックソース炒め 150g
  • 鮭のバジルソテー 105g
  • 白身魚のアクアパッツァ 120g
  • 白身魚の中華風蒸し煮 140g
  • 白身魚の蒸し焼きアンチョビバターソース 130g
  • さわらのトマトバジルソテー 150g
  • えびと彩り野菜のレモンソテー 110g
  • たこのアンチョビトマト煮 110g
  • たことブロッコリーのアヒージョ 115g

『焼き野菜とタンドリーチキン』

f:id:mrespresso:20210706142646j:image

【栄養成分】

  • エネルギー 158kcal
  • たんぱく質 14.6g
  • 脂質 6.1g
  • 炭水化物 11.2g
  • 食塩相当量 1.2g

【原材料】

f:id:mrespresso:20210706142659j:image

◆具材

蒸し鶏(鶏肉、小麦粉)(タイ製造)、ピーマン、かぼちゃ、ズッキーニ(一部に小麦・鶏肉含む)

◆ソース

還元水あめ、たん白加水分解物、醸造酢、食塩、クミン、酵母エキス、パプリカ、にんんく加工品、こしょう、コリアンダー、赤唐辛子、シナモン、ヨーグルトパウダー、ローレル、フライドオニオンパウダー、クローブ

◆内容量

蒸し鶏 60g、ピーマン 30g、かぼちゃ 30g、ズッキーニ 20g、ソース 20g

【作り方】

ソースは取り出し小袋のまま流水で解凍しておく

  1. フライパンに油小さじ1をひいて中火にかけ、凍ったままの鶏肉を入れ、約2分炒める
  2. 残りの具材を凍ったまま加え、蓋をして弱火で約4分、焦げないように時々混ぜながら加熱します
  3. ソースを加えて全体を混ぜたら、弱火で約30秒加熱して完成

【作った感想・食べた感想】

f:id:mrespresso:20210706142712j:image

事前解凍の手間がなく作業時間も短くていい!

ミールムジで出てきそうな味付け、気持ち濃い目かなぁと思ったけど、薄味好きな私の個人的な感想です。

量は1人前ということですが、気持ち少なめだけど、副菜が足りない!なんて時にピッタリの量です。

f:id:mrespresso:20210706142727j:image

残念ポイントは、かぼちゃの煮崩れ。
はじめからしんなりしていて、仕上がった時にはマッシュ状態だったのがマイナスポイントでした。

もしかしたら私の作り方の問題だったのかもしれませんが。。。

煮崩れしにくい素材を使った『えびと彩り野菜のレモンソテー』などおすすめです。

まとめ

無印良品のミールキットを試してみてのメリットとデメリット

【メリット】

  • 短時間で簡単
  • 冷凍ストックできる
  • 普段出来ない味付けがしやすい

【デメリット】

  • 1人前が少なめ
  • 気持ち割高に感じる
  • キットによっては煮崩れしやすい物もある

料理が得意ではない私は、自分だけの料理を作るのがとってもめんどくさい。
下手したら納豆と白米でおしまいです。
また、子供と一緒だとどうしても味付けに遊びが出ない。
なので 1人分を簡単に作れて、さらにアンチョビ風やタイ風など色々な味があるのはとーっても便利でした♪

ランチのバリエーションが増えて嬉しいです♪